01.サポート会員の声(個別)

大細胞型B細胞性リンパ腫・山口さん|患者さんの声・評価

投稿日:

mail0092-1

mail0092-2

ゆうじさん、前回のメールでは私の感情を察してのお返事大変ささえとなり、本当に感謝しています。

ありがとうございました。自分自身はじめての経験のなか、なかなか強くなれずに、苦しんでました。翌日には、母にストレートに私の心境と病気のこと、これからのことを話し合いました。。。少し気持ちがらくになり、そうしたことで、互いに理解し、母から今までの食事療法をまた徹してみるという言葉が聞けました。それからも、毎日まいにち、母の体重を聞いては、食事の支度で奮闘してます

昨日1ヶ月ぶりの診察と血液検査の結果です。気になる数値だけ書かせてもらいます

白血球 2.9
総コレステロール 242
HDLコレステロール59
LDLコレステロール162
中性脂肪 76
LDL/HDL 2.7

という結果でした。体調は首の凝りがきになるくらいで、骨の痛みもでておらず、毎日店の手伝い、ウオーキング、食欲も至ってありで(むしろありすぎぐらいで。。

触診では、左脇に集積のみられるところからは、なんらかわりなく表面にでる大きさにもなっていないため、またもう1ヶ月の経過観察のみとなりました。

外食3回したうち、前回の1回を除いては特に特別悪いものは食してません。月1度、揚げ物をとっただけでも、結果にあらわれたりするものでしょうか?本人は先週くらいからそのためか、首が張り痛いといっており、主治医の先生からはコレステロールからくるものではないともいわれました。肩こり、筋肉痛だと。。。どうなんでしょうか?数値を下げる薬をのむべきですか?

1日の活動量、運動量は私よりしてますし、食事にも徹してます。○○も続けてます。やはり、体質的なものなんでしょうか?もう1ヶ月後の結果まで様子をみたらいいでしょうか?なにかこれまで以上におすすめすることがあれば教えていただきたいです。

私ごとですがまず、視力の低下かすみ目、眠気、ヘルペス、口角炎、口内炎、手の発疹(主婦湿疹)歯の根っこの治療、胃炎と一気に今、きてしまいました。更年期障害も出る頃かともおもいますが。。。ほんとうに、なにごとにもバランスが大事で、メンタルが安定できてないと、こんなに体をこわしてしまうものだと、つくずく感じています。

実は2ヶ月前には父親も皮膚がんだと診断され、運良くその種は転移のないもので切除すれば済むものでした生活環境の変化、精神的な打撃はかなりうけました。

私も同時に今、自分の健康をきにしています。両親が癌という場合、遺伝でわたしもそうなる可能性が高いでしょうか?母方の家系が癌です。もちろん生活習慣がおおきくかかわっていますよね。今の生活じたいも、正直息抜きのできる生活がおくれず、2年続いています。その後、便秘の方は朝の○○の効果がではじめたのか、かなり改善されました。ほぼ毎日です。

そのまえまでは、環境の変化のため1週間とか出ないことも多々で。かなり、腸が汚れてはいないかと。。。また、気になるのが皮膚の色で、もともと野菜食だったわたしは皮膚が普通の人よりも黄色い方かと思います。みため、不健康にみみえたりして。腎、肝機能のほうがわるいのかとも考えます。癌が形になるまで10年かかるといわれてますが、気づいた頃にはておくれとか、末期とか。普段自分を観察するにはどういうことをみていったらよいですか?もちろん、年1度の定期検診をしたうえで。(今週、胃と大腸の内視鏡検査してきます。先週マンモグラフィー、子宮がん検診しました)なにかサインがあるのでしょうか?

母は病気が発覚するまえ、毎月、かかりつけの内科で血液検査してました。それなのに、リンパ節が肥大化するまで症状はなく、結果、常に診察していた医師も気づくことはありませんでした。血液検査では見落とされてしまうんですね。人間ドックのような検査が必要になりますか?いまの私の症状がまさに癌へと進行している段階ではないのかと心配しているところです。あらためてですが、両親の病気を機に、健康に気を配り、いろいろと教わり、気づかせていただいたと思います。

お時間ができましたら、またお返事いただきたいです。ありがとうございます。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.