11.腎臓がん

腎臓がんのロボット手術の技術

更新日:

robo0004

腎臓がんの手術は「開放手術」「腹腔鏡手術」「腹腔鏡下小切開手術(ミニマム創内視鏡下手術)」が基本ですが、現在は新しい手術として「ロボット支援手術」が登場してきています。

ロボット支援手術は「ダヴィンチ」という医療機器を使って遠隔操作で手術を行います。2012年4月、同じ泌尿器科領域の前立腺がんに対して、このロボット支援手術は健康保険の適用となりました。その後に続こうと、腎臓がんにおいても先端の医療として限られた施設で手術が行われています。

このロボット支援手術は、腹腔鏡手術が登場した際に失った点を復活させた手術ともいえます。腹腔鏡手術は立体ではなく「平面(2D)画像」となり、手術器具は関節がないに等しく使いにくいものでした。それが立体(3D)画像になり、ロボットアームの先の多関節鉗子も自由に繊細に動くものとなったのが大きな特徴です。

ただし、患者がロボット支援手術を希望しても腎臓がんでは保険適用でなく自由診療となるためきわめて高額な医療費となり、施設もごく限られています。その経済的負担の大きさと、立体画像を映しだす2点をクリアした先端型腎臓がん手術が、2011年に登場しました。その通称を「ロボ・サージャン」といいます。

サージャンとは術者という意味ですが、簡単にいうと術者自身をロボット化する、という意味で使われています。基本型は腹腔鏡下小切開手術で腰部の3~5センチ程度の小切開から内視鏡と手術器具を入れて行います。モニターとして、メガネのように装着するゴーグルタイプ3Dディスプレイを用います。

手術チームは、各自が3Dディスプレイをつけて患部の立体拡大像を眼前に同時に見ながら手術を行います。ディスプレイには内視鏡だけでなく超音波の画像なども映して行います。下に目をやると臓器やその周囲を広く俯瞰視もできて安全です。多くの場合、腎臓の血流を遮断せずに部分切除を行うことができます。この手術は体への負担が少なく、腎機能温存にも有効で、経済的にも負担の少ない手術です。基本的には腹腔鏡下小切開手術と同じ料金になり、手術費用だけでは15万円程度(3割負担)です。

以上、腎臓がんのロボット手術についての解説でした。

ロボットを使っても腎臓への手術は体に大きなダメージを与えます。そして、手術をして終わりではなく、再発するケースも多いのが現実です。

今後、どのようなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

たった1つの条件とは

 

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

5つのルール

 

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-11.腎臓がん
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.