08.子宮頸がん

子宮頸がん3期と4期は放射線と抗がん剤が中心に

更新日:

sikyuu-housyaesn

子宮頸がんは早期から子宮を摘出する手術が標準治療の中心です。また、Ib期以降はリンパ節転移など、何かリスクファクターがある場合は、手術のあとに放射線療法を行ったり、抗がん剤も加えた化学放射線療法を行ったりします。

いっぽう、がんが膣壁の下3分の1を超えたり、骨盤壁に達したりしているステージⅢ期となると、手術は行われれず、放射線療法が中心となります。子宮頸がんは放射線のよく効くことが分かっています。アメリカではⅡb期となると身体的ダメージの大きい手術は行わずに放射線で対応します。

子宮頸がんの治療で行われる放射線治療は次のような種類があります。

■外部照射

体の外側から放射線を照射する最も一般的な放射線療法です。CT(コンピュータ断層撮影)によってどこにどれだけ照射するか治療設計を行い、治療します。1回の治療は15分程度で終了し、これを週5日5~6週間行います。

■膣内照射

膣から放射線の線源を入れて行う放射線療法です。膣から子宮腔内にまで線源を入れて放射線を照射し治療を行います。膣内照射は単独で行うのではなく、外部照射と組み合わせて行われることが一般的です。照射回数は週に1回を3、4回行い、時間は1時間程度です。このほか、Ⅲ期でもがんの大きい人の場合には先進医療である「重粒子線治療」を選択する患者さんもいます。

またⅢ期では、放射線単独ではなく、同時に化学療法(抗がん剤治療)を行うことが標準治療として行われています。

子宮頸がんで使われている抗がん剤は、「シスプラチン」を筆頭に、「パクリタキセル」「イリノテカン」「イポスファミド」「ビンクリスチン」などがあります。

そして、膀胱や直腸の粘膜にがんが広がっているⅣa期や、遠い臓器に遠隔転移しているⅣb期となると、より厳しい状況になります。Ⅳa期は同時化学放射線療法が標準治療で、Ⅳb期になると積極的ながん治療を行うことは少なく、緩和ケアが中心となります。

以上、子宮頸がんの治療についての解説でした。

ステージ3、4と進行してくると、病院でできる治療法の選択肢は少なくなります。しかし、病院で受ける治療法は、がんと闘うための手段の一部にすぎません。

子宮がんを克服するためには、病院での治療より重要なことがあります。詳しくはこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-08.子宮頸がん
-, ,

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.