07.乳がん

乳がんホルモン療法の副作用(症状)とは?

更新日:

乳がんホルモン療法の副作用(症状)
ホルモン療法による副作用は、女性ホルモンが作用する体の機能を乱すことが原因です。
主な作用の部位は、子宮や膣の女性生殖器、骨、そして脳、うつ状態になるなどの精神的影響です。すべてに共通した副作用として、更年期障害に似た症状が出ます。

のぼせ、発汗、いらいら、落ち込み、などです。膣の分泌が増えたり、逆に膣の乾燥から性交痛が出現したりすることもあります。また、子宮体がんのリスクも高まります。

タモキシフェンを内服された人の数百人に1人の頻度で、子宮体がんが発生します。タモキシフェンを内服している人、あるいは数年前まで内服されていた人は、年に1回婦人科検診を受けることが推奨されます。

アロマターゼ阻害剤は、関節痛や骨密度の低下が知られています。特に、内服前から骨密度が低下されているような人は、十分注意が必要です。アロマターゼ阻害剤を内服する際には、半年から1年に1回、骨密度の測定が必要です。

黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤によって、卵巣機能が停止して、見かけ上2年間は閉経した状態になります。抗がん剤による副作用でも卵巣機能が停止したり、廃絶したりすることがあります。

乳がん治療の観点からは、女性ホルモンを下げることは再発の予防として、好ましいことです。しかし、妊娠・出産の高齢化も普通のことになってきておりM乳がんの治療の後に出産を希望される人も多くなりました。

黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤を2年間投与されることによって、30代の女性が閉経してしまう可能性もあります。さまざまな観点から治療方針を決めていくことが重要です。

以上、ホルモン治療の副作用についての解説でした。

私がサポートしている患者さんでもホルモン療法を行っている方は多くいます。抗がん剤に比べる副作用は少ないですが、様々な影響があります。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-07.乳がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.