07.乳がん

乳がんのホルモン療法

更新日:

nyugan_fukusayo

乳がんは女性ホルモンと切っても切れない関係があり、乳がんでの薬物治療の特徴といえます。

乳がん発生に強く影響しているものされているものの中に、以下の要素が挙げられます。「初潮が早かった人」「初産年齢が高かった人」「子供を産んでいない人」「閉経が55歳以上と遅い人」「未婚である」。

これらの対象となる人は女性ホルモンの分泌期間が長いのです。女性ホルモンの影響を長く受けているので、乳がんの発生に少なからず影響があります。そのため女性ホルモンの影響を抑える治療、つまりホルモン療法が有効となります。

乳がんのタイプを調べると約70%がエストロゲン、プロゲステロンの両方、もしくはどちらかの刺激で増加する"ホルモン感受性"があります。この感受性がないとホルモン療法の対象にはなりませんが、多くは対象となります。

ホルモン療法に使われているホルモン剤としては「抗エストロゲン薬」「LH-RH製剤」「アロマターゼ阻害薬」などがあります。

抗エストロゲン薬はがん細胞のエストロゲン受容体と先に結合して増殖を抑えます。LH-RH製剤は脳下垂体から卵巣を刺激してエストロゲンを分泌させるホルモンのゴナドトロピンの分泌を防ぐ薬です。アロマターゼ阻害薬は脂肪細胞からエストロゲン作用物質がつくられるのを防ぎます。

ホルモン剤は長期に使用できるものの、子宮体がん発生のリスクや副作用もあるので、主治医からメリット、デメリットの説明を十分に受けましょう。

以上、乳がんのホルモン療法についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-07.乳がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.