20.悪性リンパ腫

非ヒジキンリンパ腫の治療成績と予後

非ヒジキンリンパ腫の治療成績

非ホジキンリンパ腫の治療成績は、タイプの違いなどさまざまな要因に影響されます。

・「活動性の強いタイプ」の治療成績

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を中心とする「活動性の強いタイプ」の非ホジキンリンパ腫では、年齢や病変部の拡がり具合など、治療開始前の状態を点数化すること(IPIスコアといいます)で、治療効果をある程度予測することが可能です。

IPIスコアの結果による生存率については、1993年に海外から発表された報告があります。その結果によれば、5年生存率は低危険度で70%台、低~中間危険度で約50%、中間~高危険度40%台、高危険度で20%台となっています。

このことから、IPIスコアが高い場合は、化学療法のみでは予後がよくないと判断され、造血幹細胞移植を選択する1つの根拠になると考えられます。

現在は、リツキサンの登場や造血幹細胞移植の進歩など、治療をめぐる環境が著しく変化していますので、治療成績自体が大きく変わる可能性があります。また、このタイプはIPIスコアの結果が悪い場合でも、治癒する可能性があります。

・「ゆっくり進行するタイプ」の治療成績

濾胞性リンパ腫などの「ゆっくり進行するタイプ」は、経過中に腫瘍の縮小と再発再燃を繰り返すことが多く、たとえ完全寛解が得られても、完治することが難しいタイプです。
5年生存率は70~80%ですが、20年間生存する患者さんは20%くらいといわれています。

濾胞性リンパ腫についても、治療開始前の状態を点数化(FLIPIといいます)することで、ある程度の予後を予測することが可能です。しかし、この場合もリツキサンやフルダラ、ゼヴァリンなどの治療薬の登場や造血幹細胞移植の応用によって、今後の治療成績は大きく変わってくる可能性があります。

「ゆっくり進行するタイプ」の中でも、マントル細胞リンパ腫については治療が難しいといわれ、5年生存率は30%程度と報告されてきました。しかし、このタイプに対しても、リツキサンやゼヴァリンなどの新薬の効果が期待されています。

・T細胞性リンパ腫の治療成績

T細胞性リンパ腫の5年生存率は30%程度であり、一般的にB細胞性リンパ腫と比べてよいとはいえません。今後は、造血幹細胞移植などによる治療成績の向上が期待されます。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-20.悪性リンパ腫