07.乳がん

乳がん治療費のモデルケース(例)|乳房温存療法+術後抗がん剤治療+抗HER2療法

更新日:

乳がんが再発・転移したら

乳がんで「乳房温存療法+術後抗がん剤治療+抗HER2療法」を受けた場合の治療費についてモデルケースを提示します。

実際の医療費は病状や施設によって異なりますが、参考にはなると思います。

■乳房温存療法+術後抗がん剤治療+抗HER2療法の治療費(モデルケース)

・病状
閉経後の50歳代の女性。しこり2cmの浸潤がん。ホルモン受容体陰性、HER2陽性。

・治療方針
温存療法(乳房温存手術十放射線療法)の後、術後抗がん剤治療と抗HER2療法を併用する。

・治療経過
入院翌日に乳房温存手術とセンチネルリンパ節生検を受ける。リンパ節転移が陽性だったため、リンパ節郭清をして、術後5日目に退院。入院6泊7日。

その後放射線療法を25回。FEC4サイクル+パクリタキセル4サイクルの後、抗HER2療法としてトラスツズマブ(ハーセプチン)18サイクルを行う。

■治療費の概算(自己負担額(3割)の金額)

概算費用 治療スケジュール
手術+入院 260,000円(センチネルリンパ生検含む) 入院6泊7日
放射線療法 7,000円×25回=175,000円 週5回×5週間
抗がん剤治療 FEC 32,230円×4回=128,920円
パクリタキセル(毎週)12,231円×12回=146,772円
計275,692円
FECは3週間に1回の点滴を約3か月。
パクリタキセルは週に1回の点滴を約4カ月。
抗HER2療法 ハーセプチン18回=655,310円 3週間に1回の点滴を18回で約1年間。

合計金額:1,366,002円

分子標的治療薬のトラスツズマブ(ハーセプチン)は高額な薬であるだけでなく、初期治療では抗がん剤との併用が基本となっているため、1年~1年半の問に100万円を超えるお金が必要になります。

HER2陽性の乳がんにはとてもよく効く薬ですが、経済的に大きな負担となることは否めません。

 

以上、乳がんの治療費についての解説でした。

私がサポートしている患者さんへもセカンド・オピニオンを薦めることがありますが、多くの医師は専門領域のことしか答えられない傾向があります。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-07.乳がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.