07.乳がん

乳がん乳房の同時再建手術と二次再建手術、それぞれのメリットとデメリットを比較

投稿日:

乳がん再建エキスパンダー(組織拡張器)

乳房再建は時期により、乳がんの手術と同時に行う「一次再建(同時再建)」と、乳がんの手術の後、時期をおいてから行う「二次再建」のふたつに分けられます。

一次再建と二次再建には、次のようにそれぞれにメリット、デメリットがあります。

■乳房再建「一次再建(同時再建)」のメリット・デメリット

<メリット>
・手術の回数が1回少なく済む(そのぶん身体的、経済的な負担が軽い)
・乳房の喪失期間が短い
・皮膚がやわらかく、形が作りやすい(特に自家組織を使った再建の場合、切除した組織を見ながら再建できるので、形が作りやすい)

<デメリット>
・情報収集や検討の時間、病院選びの時間が少ない。
・同時再建を実施している病院が少ない。
・手術の直後で、皮膚の血行や内部の傷の状態が不安定なこともある。
・(特に自家組織の場合)手術時間が長くなる。

■乳房再建「二次再建(あとで再建)」のメリット・デメリット

<メリット>
・いつでもできる。
・情報収集や検討に時間がかけられる。
・実施できる病院が(同時再建と比べて)多い。
・切除後の傷が落ち着いてから手術を行うことができる。

<デメリット>
・手術の回数が1回多くなる。
・再建まで乳房のない状態で生活しなくてはならない。
・皮膚がかたくなり、伸びにくくなっていることがある。

■どちらか迷ったときは

同時再建か二次再建か迷ったときは乳がんの手術のときにエキスパンダー(組織拡張器)を入れておくのも選択の1つです。

エキスパンダーは、再建するときに人工乳房や自家組織を入れる”皮層の袋“を作るための風船状のインプラントです。これを切除術後の胸に入れ、風船の中に生理食塩水を徐々に足して皮層を伸ばしていきます。

エキスパンダーはいつでも入れられますが、乳房を切除したそのときから皮層は縮もう縮もうとするため、手術の直後にエキスパンダーを入れ、少しでもふくらませておくと、皮膚が良い状態で保たれます。そのため再建のときにきれいな曲線が出やすくなるといわれています。

以上、乳がんの再建手術についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-07.乳がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.