07.乳がん

乳がん「ルミナルA/B」などのサブタイプの意味とステージ

乳がんステージ

乳がんは治療の手立てが多く、薬物療法や手術、放射線療法などを組み合わせて治療を進めます。説明をしっかり聞き治療全体の流れを把握して、自分に合った治療法を選ぶことが大切です。

■ステージ(病期)やサブタイブの決定

検査の結果、「ステージ(病期)」が決定されます。

ステージは、がんの広がりや進行を示すもので、主にしこりの大きさ、リンパ節転移の有無、遠隔転移の有無の3つの要素によって決まります。もっとわかりやすく「早期がん」「局所進行がん」「転移性乳がん」と区別することもあります。

・早期がん…初期の腫瘍(2cm以下)で、がんの広がりは軽度。リンパ節転移なし。
・局所進行がん…遠隔転移はおこしていないが、早期を超えた腫瘍。
・転移性乳がん…全身にがんの広がりを認める腫瘍。

組織診で採取した標本をさらに詳しく調べることで、がんのサブタイプ(生物学的特性)も決まります。

乳がんのサブタイプ

乳がんのサブタイプ

※ルミナルAとルミナルB(HER2陰性)は、Ki67という細胞増殖マーカーや、がんの組織学的グレード(悪性度)などにより区別します。(病理の詳しい見方はこちら)
※「ベーサルライク」の診断をつける手法が一般的でないため、実際には「トリプルネガティブ」という臨床的な診断名で呼ばれることが多い。両者はイコールではなく、80%程度が一致するとされています。

サブタイプによって、薬物療法の効果や予後(今後の病状についての見通し)を予測することができます。できるだけきちんと確認しておきましょう。

■治療方針の提案

検査・診断を通して得られた数々の情報をもとに、医師から治療方針が提案されます。現在の乳がん治療は「手術して終わり」とされるのはごく早期の乳がんだけです。手術が終わったあとも薬物療法、放射線療法を組み合わせた方針が示されることが多いため、全体の流れを頭に入れておくことが大切です。

■治療の選択

乳がんの場合、一刻を争う病状であることは多くなく、転移のない状態であれば治療を急ぐことはありません。

情報を整理し、焦らずに考え、治療法を決めることが大切です。主治医が全てをイチから説明してくれるケースは多くないので自ら情報収集し、乳がんについて勉強する姿勢も必要になります。

ほとんどの場合、ポイントになるのは、「治療は手術から始めるのか、薬物療法から始めるのか」「手術は乳房温存手術か、乳房切除術か」「術後に予定されている治療内容」などです。

この時点で治療に関する希望があれば伝えておきましょう。「定期的な通院はこの曜日がいい」「髪が抜ける抗がん剤の治療は避けたい」など、遠慮せずに主治医や看護師に伝えることです。必ずしも希望通りになるとは限りませんが、乳がんは治療の手立てが多く、選択の余地が大きいので、場合によってはセカンド・オピニオンも考慮して納得のいくかたちで治療法を選びましょう。

以上、乳がんのサブタイプ、ステージについての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-07.乳がん