07.乳がん

乳がんになる女性の人数と亡くなる人数

更新日:

na-su84343

日本では乳がんと診断される女性の人数は、1年間に6万人以上と言われています。

これは、胃がん、大腸がんと並んで、女性に最も多いがんのひとつです。40歳代後半~60歳代の女性に多くみられます。特に多いのが55~59歳の女性で、胃がんと診断される人は年間2500人程度なのに対し、乳がんと診断される人は年間8800人以上と約3.5倍にも上ります。

以前に比べて乳がんの検診率が高くなっているとはいえ、40~60歳代の乳がん発生率は、この20年間で約2.5倍に増加しています。さらに、乳がんで亡くなる女性は1年間に1万2千人で、女性におけるがんによる死亡者数の8.5%を占めています。

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-07.乳がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.