05.肺がん

肺がんの種類とそれぞれの治療法

2015/05/21

haigan_syujutu

肺がんには様々な種類があり、それぞれ治療法や使う薬なども異なります。ですので治療を決定する上で、肺がんの種類(タイプ)を確認することは重要なポイントだといえます。組織を採取して行った確定診断(生検)により、それは明らかになります。

肺がんの組織型による分類は、まずは「小細胞がん」と「非小細胞がん」。さらに、非小細胞がんは「扁平上皮がん」「腺がん」「大細胞がん」に分けられます。

■小細胞がん

他のがん以上に小さながん細胞で、細胞分裂が激しいので増殖が速く転移しやすいのが特徴です。肺がんの中では、10~15%を占めています。このタイプのがんが手術の適応となることはまれです。適応は化学放射線療法(抗がん剤と放射線治療の組み合わせ)あるいは化学療法の単独治療が中心となります。

その他、85~90%が非小細胞がんになります。小細胞がんの分類は以下のとおりです。

■扁平上皮がん

肺がんの約30%程度を占め、その多くが中心型肺がんです。喫煙者の男性に多く、症状が出やすく、血痰や乾性の咳が続くときは要注意です。

■腺がん

肺がんの約50%を占める発生頻度の高いがんです。喫煙者だけではなく、女性の非喫煙者にできるのはこのタイプのがんです。肺の奥深い末梢にできます。転移は比較的早い段階から起こるので、十分に気をつける必要があります。

■大細胞がん

肺がんの中で約5~10%を占めます。肺の末梢にできるがんで、極めて悪性度が高く、増殖が速いのが特徴です。肺がんの中では小細胞がんが最も悪性度が高いといわれますが、大細胞がんはそれに近い悪性度だとされています。

患者さんの中には肺がんは分かっていても、その中のどのがんかを覚えていない人もいますが、治療を決める上で極めて重要ですので、しっかり把握しておく必要があります。

以上、肺がんの種類についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-05.肺がん
-, , , ,