21.白血病

急性骨髄性白血病の薬物療法とは

投稿日:

急性骨髄性白血病の薬物療法とは

治療の中心は強力な化学療法で、「全部のがん細胞を殺すこと」を目的に行われます。急性の場合は進行が速いので、診断がついた時点で早めに化学療法を開始します。これを「寛解導入療法」といい、イダルビシンとシタラビンの2剤併用療法がよく用いられます。

治療期間は通常1週間で、その間に大量の抗がん剤を使って白血病細胞を徹底的に叩きます。顕微鏡で血液を調べてもがん細胞が見えない状態を「完全寛解」といいますが、この治療で約8割が完全寛解に入ります。

完全寛解に入ったあとは、強力な抗がん剤を使った「寛解後療法(地固め療法)」を行って、治癒を目指します。これによって30~40%は治癒します。

再発または難治性の急性骨髄性白血病に対しては、細胞表面にあるCD33という分子を標的にした抗体製剤のゲムツズマブオゾガマイシン(マイロターグ)が、05年に日本で承認されています。

これはCD33に対する抗体に抗がん剤のカリケアマイシンを結合させた薬です。有効性を示す改善が見られないとの理由で、10年に米国で発売中止になりましたが、最近になってまた欧米で臨床試験が行われています。

再発の判定に関しては、急性骨髄性白血病の再発を早期に診断できる遺伝子検査が保険適用になっています。末梢血の白血球から抽出した特殊な遺伝子を高感度に検出することで、例えば白血病細胞が100万個に1個以下などといった微小残存病変(MRD)を調べることができます。

この検査を3カ月ごとに行うと、再発をいち早く予測することができます。この検査は、現在行っている治療が効いているかどうかの効果判定にも役立ちます。白血病の場合、50歳以下の人などでは、造血幹細胞移植も選択肢の1つです。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-21.白血病

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.