07.乳がん

乳がんでは状況に応じて薬物療法の目的が異なる

投稿日:

乳がん薬物療法の目的

乳がんではさまざまなタイミングで薬物療法が行われます。大きく分けると「手術前に行う」「手術後に行う」「手術が適応外となる場合に行う」という3つのケースがあるといえます。

■術前薬物療法の目的

手術前に薬物療法をする目的は大きく2つあります。1つ目は「がんを小さくする」、2つ目は「薬の効果を確認する」です。

①がんを小さくする
しこりが3cm以上あっても、薬で3cm以下にまで小さくできれば、乳房温存手術の対象になることがあります。手術前の薬物療法によりおよそ8割くらいの患者さんで、がんの縮小効果が認められています。

②薬の効果を確認する
術前薬物療法の最大の利点は、しこりが分かる状態で薬を使えるということです。手術と組み合わせる薬物療法には、術後薬物療法もありますが、この場合、その薬が本当に効いているかどうかは、その時点では確かめられません。

その点、術前薬物療法では、縮小効果や消失効果が見える形で確認できます。

■術後薬物療法

術後薬物療法は、手術後の再発を予防することを目的にします。これまでの研究で、手術後にまったく薬物療法をしなかった人と比べて、一定期間内における再発のリスクが30~70%ほど減少することが分かっています。

■進行、転移、再発がんの薬物療法

乳がんの遠隔転移がんや再発がんでは、進行を抑えることやQOL(生活の質)の改善のために、薬物療法が提案されます。

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-07.乳がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.