07.乳がん

乳がんでは状況に応じて薬物療法の目的が異なる

乳がん薬物療法の目的

乳がんではさまざまなタイミングで薬物療法が行われます。大きく分けると「手術前に行う」「手術後に行う」「手術が適応外となる場合に行う」という3つのケースがあるといえます。

■術前薬物療法の目的

手術前に薬物療法をする目的は大きく2つあります。1つ目は「がんを小さくする」、2つ目は「薬の効果を確認する」です。

①がんを小さくする
しこりが3cm以上あっても、薬で3cm以下にまで小さくできれば、乳房温存手術の対象になることがあります。手術前の薬物療法によりおよそ8割くらいの患者さんで、がんの縮小効果が認められています。

②薬の効果を確認する
術前薬物療法の最大の利点は、しこりが分かる状態で薬を使えるということです。手術と組み合わせる薬物療法には、術後薬物療法もありますが、この場合、その薬が本当に効いているかどうかは、その時点では確かめられません。

その点、術前薬物療法では、縮小効果や消失効果が見える形で確認できます。

■術後薬物療法

術後薬物療法は、手術後の再発を予防することを目的にします。これまでの研究で、手術後にまったく薬物療法をしなかった人と比べて、一定期間内における再発のリスクが30~70%ほど減少することが分かっています。

■進行、転移、再発がんの薬物療法

乳がんの遠隔転移がんや再発がんでは、進行を抑えることやQOL(生活の質)の改善のために、薬物療法が提案されます。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-07.乳がん