13.皮膚がん

皮膚がんの種類と主な原因

投稿日:

皮膚がんの種類

人間の体の中で最大の器官である皮膚は、さまざまな種類の悪性腫瘍(皮膚がん)を発症する可能性があります。皮膚がんは、皮膚をつくっている細胞の種類によって、大きく次の3種類に分けられます。

①有棘細胞がん
皮膚の表面にもっとも近い細胞で、うろこのように平べったい扁平上皮細胞(有棘細胞)ががん化したものです。英語名を略して「SCC」ともいいます。放置しておくとリンパ節に転移することがあります。

②基底細胞がん
有棘細胞層の下に広がっている基底細胞ががん化したもので、「基底細胞上皮腫(BCC)」ともいいます。ほとんどが顔面や頭部に発生し、ふつう、体の他の組織や臓器には転移しません。しかし発症率は、皮膚がんの中でもっとも高いとされています。

③メラノーマ(悪性黒色腫)
皮膚がんの中でもっとも注意を要する、悪性度の非常に高いがんです。皮膚細胞の中に散らばるメラニン細胞ががん化したものですが、他に、黒色のほくろ(色素性母斑)をつくっている細胞が、メラノーマに変わることもあります。メラノーマはさらに、次の4種類と、分類不可能のものに分けられます。

・悪性黒子型黒色腫
おもに高齢者の顔面や首などに生じ、ゆっくりと成長します。

・表在拡大型悪性黒色腫
全身のいたるところに生じ、褐色から黒色または赤色に変わります。

・結節型悪性黒色腫
おもに顔や首に発生し、初期の段階からもり上がり、すばやく転移します。

・末端黒子型黒色腫
日本人にもっとも多いメラノーマで、足の裏や爪の下などにできたほくろ状の腫瘍が、しだいにこぶ状になります。

近年、日本では、年間6000人以上が皮膚がんを発症しています。死亡者の40パーセント以上はメラノーマが原因です。過去20年間に皮膚がんを発症する人の数は2倍近く増加しています。

それでも、日本における皮膚がんの発症率は、他のがんに比べるとかなり低いほうです。日本とは対照的に、たとえばアメリカでは年間100万人もの人が皮膚がんを発症しており、これだけで他のすべてのがん患者数に匹敵します。

とくに65歳以上のアメリカ人は、5人に1人が皮膚がんになると推定されています。ちなみに、アメリカの人口の20数パーセントを占めるアフリカ系アメリカ人(黒人)が皮膚がんを発症する確率は低いので、白人だけの発症率はさらに高いと見られています。

とくにメラノーマについては、白人の発症率は黒人の100倍にも達するとするデータがあります。これはいうまでもなく、日焼けやそばかすのできやすい色白の人ほど、太陽光、とりわけ紫外線によって皮膚細胞の遺伝子が傷つき、がん化しやすいためです。

肌色の明るい人は皮膚細胞にメラニン色素が少なく、細胞分裂時に遺伝子の変異が起こりやすいと考えられています。日本では、ほくろが皮膚がんになるという通説があります。実際、メラノーマはほくろのもとになるメラニン細胞ががん化したものです。

しかし、通常のほくろが皮膚がんに移行することは少ないようです。ただし、ほくろが急激に大きくなったり、もともとなかった場所に新たにほくろができる、その輪郭がぼやけ、面積が大きい、あるいはその中に色むらがあるなどという場合は、メラノーマへの進展を疑う必要があります。

以上、皮膚がんについての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-13.皮膚がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.