11.腎臓がん

腎臓がんのガイドラインに記載される診断基準と治療法

投稿日:

腎臓がんのガイドライン

腎臓がんと診断された場合、腫瘍の大きさ、リンパ節転移、および周囲臓器への浸潤程度、遠隔転移の有無により、ステージⅠ~Ⅳに分類され、このステージに基づいて治療法が選択されることになります。

詳しいステージの診断方法とそれに応じた治療法は腎臓がんのガイドラインである「腎癌取扱い規約」に記載されています。

■ステージⅠ~Ⅲの限局した腎臓がん

リンパ節転移なし、遠隔転移なしの腎臓がんはステージⅠおよびⅡとなります。

どんな治療を選択するべきかの分類は、腫瘍サイズ4cm以下の小さな腎臓がんの症例と、腫瘍サイズが4cmを超えるが7cm以下の症例、および最大7cmを超えるが腎臓に限局する大きな腎臓がんの症例に2分されます。

前者の「小さいサイズ」の場合は腎臓の部分切除術と腎臓の全摘出のいずれかが選択肢となります。いっぽう後者の「大きいサイズ」の場合は全摘出が標準治療です。この場合もリンパ節郭清(リンパ節の切除)は必要とされていません。

近年のガイドラインでは、「小さいサイズ」の腎臓がんに対してはラジオ波焼灼術や凍結療法も選択肢として加わっています。

なお、リンパ節転移が1個あり、または副腎、または腎動脈・下大静脈内に進展しているステージⅢの腎臓がんは「腫瘍が腎被膜内に限局、または腎静脈内限局する場合」と「下大静脈内に進展する場合」の二つに分類されています。前者は腎臓の全摘出、後者は全摘出および下大静脈内腫瘍塞栓摘除術が標準術式とされています。近年では後者の手術においては分子標的薬を術前に使う方法も選択肢として追加されました。

■腎臓の筋膜を超える局所進展および/または2個以上のリンパ節転位および/または遠隔転移を伴うステージⅣの場合

ステージⅢ以上の腎臓がんでは治療法選択の基準は遠隔転移の有無で大別されます。

「遠隔転移はないが、2個以上の腹膜リンパ節転移を伴う場合」と「遠隔転移がないが、腎固有筋膜を超えて浸潤する場合」にまず2分されます。前者では、腎臓の全摘出、後者では、全摘出および浸潤臓器合併切除術が標準術式とされています。

いっぽう、遠隔転移がある場合は可能であれば腎臓の全摘出を実施したあと、転移巣切除術、化学療法、放射線療法、分子標的薬などを用いて複合的な対応をすることになります。

以上、腎臓がんについての解説でした。

腎臓がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-11.腎臓がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.