10.肝臓がん

肝臓がんと肝性糖尿病

更新日:

肝臓がんと肝性糖尿病

肝炎や肝硬変を抱えている肝細胞がんの患者さんは、糖尿病を併発していることが少なくありません。

肝臓は、そのはたらきの1つとして、細胞に糖(グルコース=ブドウ糖)の取り込みをうながすインスリンを分解したり、糖をグリコーゲンという物質に変えて肝臓内にたくわえたりしています。

そのため、肝炎や肝硬変によって肝臓の機能が低下すると、糖やインスリンを処理する能力も下がります。その結果、血液中の糖やインスリンの濃度の高い状態が続きます。

このような状態では、全身のさまざまな組織をつくっている細胞が、しだいにインスリンに対して反応しにくくなり、やがて糖尿病やその前段階に至ると考えられます。

治療法は基本的には一般の糖尿病と同じであり、運動と食事療法、それに薬物療法が中心です。しかし、運動は軽めにし、肝機能が低下しないように注意する必要があります。

薬を使う場合は、通常、インスリンの分泌を促すスルフォニルウレア剤などを用います。インスリンを使用することもあります。

がん治療のストレスは血糖値を上げ、血糖値が高い状態が続くと、治療後に感染症にかかりやすくなります。そこで、がんの治療は、できれば血糖値を下げてから行います。

■肝性低血糖:がんがグルコースを過剰消費

肝臓がんの人は、しばしば血液中の糖分(グルコース)が少なくなり、低血糖状態になることがあります。これは、急速に成長する未分化がんの患者に多くみられ、がんが急速に成長してグルコースを大量に消費するためと考えられています。

肝臓は必要に応じて、その内部に蓄積しているグリコーゲンという物質からグルコースを生産します。しかし、肝臓が十分にはたらかなくなり、グルコースの放出が少なくなると、やはり低血糖になります。

肝細胞がんの患者は肝炎や肝硬変を合併していることが多いため、これが原因で低血糖になることもあります。対処法として、低血糖のときには、ただちにグルコースを投与します。患者自身が気づいたときには、砂糖や甘い清涼飲料を飲んで対処します。

以上、肝臓がんの合併症についての解説でした。

肝臓がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-10.肝臓がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.