05.肺がん

肺がんが拡がりやすい場所とその症状

更新日:

joi

肺がんの場合、肺以外の周囲にがんが進展する(拡がる)ことで、さまざまな症状があらわれます。

1.肺野型の肺がんは胸膜に近いため、がんが胸膜を侵すと胸に水が溜まり(胸水貯留)、胸が痛くなる(胸痛)ことがあります。

2.肺の1番上の部分(肺尖部。はいたんぶ)にがんができると、近くを通っている
腕を動かす神経にがんが拡がり、腕が痛くなったりしびれたりします。これを、パンコースト症候群といいます。

3.胸の真ん中の部分(縦隔)には大きな血管や心臓などが入っていますが、ここにがんが拡がると、上半身から心臓に血液が戻りにくくなり、顔や腕がむくみます。これを、上大静脈症候群といいます。

4.発声をコントロールする神経(反回神経)にがんが及ぶと、声がかすれます(嗅声)。
5.がんが横隔膜にまで及ぶと、呼吸困難になることがあります(横隔神経麻揮)。

6.首の神経にがんが拡がると、がんのある側のまぶたが垂れ下がって瞳孔が小さくなり、顔の半分で汗をかきにくくなるなどの症状が起きます。これを、ホルネル症候群といいます。

また、肺がんは隣りあっている臓器や組織だけでなく、遠くの臓器にも転移することがあります(遠隔転移)。その際、肺がんとはまったく関係なさそうに思える症状が出ることもあります。たとえば、脳に転移した場合は頭痛、骨に転移した場合は肩痛や腰痛などが生じます。

そのほかにも腫瘍ができたときに出やすい症状があります。たとえば肺がんの70%でみられる「ばち指」は、太鼓のばちのように指先が太くなった症状です。また、小細胞がんでは、腫瘍から過剰にホルモンがつくられて、つくられたホルモンによってさまざまな症状が出ます。

ほかにも、神経や筋肉が障害されて筋肉の力が低下したり、皮膚に色素沈着や皮層筋炎がみられることがあります。

以上、肺がんについての解説でした。

肺がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-05.肺がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.