10.肝臓がん

肝臓がんの治療法「腫瘍が3個以下、最大径3センチ以上」の場合

投稿日:

肝臓がんの治療法

肝臓がんはがんの個数と広がり、大きさによって治療法が検討されます。「3個以下、最大の腫瘍が3センチ以上」の場合は肝臓の切除が第1の選択肢になります。穿刺(せんし)療法は、大きな腫傷にはあまり適していません。

肝臓の機能が低下しているときには、肝動脈塞栓療法や動注療法が行われます。大きな腫瘍のみを切除して、これらの治療法を追加することもあります。また、放射線治療の効果が期待できる場合もあります。

肝臓の機能が不良のときには、積極的ながんの治療は困難なことが少なくありません。がんが1個だけで、最大の直径が5センチ以下なら、肝臓移植も検討範囲に入ります。ただし、離れた臓器に転移がなく、また、血管内をがんが侵していない場合に限ります。

■腫瘍が4個以上、最大径3センチ以下の場合は?

最初の選択肢は、肝動脈塞栓療法です。腫瘍が肝臓全体に散らばり数が多いときには、肝切除や穿刺療法は不可能です。これに対して肝動脈塞栓療法は、1回の治療ですべての腫瘍にダメージを与えることを期待できます。

とはいえ、いちどの治療でがんを完全に壊死させることは難しいので、治療後、どのくらい治療効果があったかを画像診断などで確認する必要があります。再発の兆候があれば、同様の治療をくり返さなければなりません。

肝動脈塞栓療法と同様、がんのすべてを攻撃するという意味で、抗がん剤の肝動脈注入療法(動注療法)も効果があります。ただし、1回の治療効果が小さいため、くり返し治療を行う必要があります。肝臓の機能が不良のときには、積極的治療が困難なこともあります。

■腫瘍が4個以上、最大径3センチ以上

このような症例の治療は困難です。腫瘍が肝臓の一部に偏って存在し、肝臓の機能がよければ、切除することがもっとも有効だとえいます。ただし、切除範囲が大きくなるため、肝不全を起こす危険があります。まず、肝切除に熟練した医師のいる病院で見解を聞くことが大切です。

肝切除が困難なときには、肝動脈塞栓療法か動注療法が基本的な治療法となります。しかし、これらの治療単独では、すべてのがんを壊死させることは困難です。そこで、他の治療を組み合わせる集学的治療も試みられています。

たとえば、放射線治療と肝動脈塞栓療法を組み合わせるといった治療です。肝機能が不良の場合は、がんの積極的な治療はできません。

以上、肝臓がんの治療についての解説でした。

ステージ3、4と進行してくると、病院でできる治療法の選択肢は少なくなります。しかし、病院で受ける治療法は、がんと闘うための手段の一部にすぎません。

肝臓がんを克服するためには、病院での治療より重要なことがあります。詳しくはこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-10.肝臓がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.