08.子宮頸がん

子宮頸がんの放射線治療にかかる治療費は?

投稿日:

治療費用

子宮頸がんにおける放射線治療は、外部照射法と腔内照射法を併用しておこないます。

子宮頸がんは、外部照射法単独だけの治療は効果が限定的なので行われません。腔内照射法が不可欠とされています。

腹部の対向2門照射法で、総線量44グレイ程度、1回線量2グレイ、22日間照射されます。

放射線治療管理料が2700点、体外照射料が対向2門照射法で840点×22回=1万8480点、医療機器安全管理料2が1100点、放射線治療専任加算料が330点かかりますので、合計2万2610点になります。

つまり治療費は22万6100円になります。

腔内照射法では、高線量率イリジウム192線源を用いて、1週間に1回、6グレイ、照射回数5回、総線量30グレイが照射されます。イリジウム192線源による高線量率照射料が1万点、放射線治療管理料が3100点×5回=1万5500点、線源の費用が2万3000点÷50=460点、総点数は2万5960点になります。

治療費は25万9600円です。

これらの外部照射法と腔内照射法を合算した点数は4万8570点です。つまり治療費は48万5700円になります。一般的に保険診療が適用されますので、3割負担で14万5710円の支払いになります。

 

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-08.子宮頸がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.