「 yuji-motomuraの記事 」 一覧

乳がん治療薬イブランス(パルボシクリブ)の適応条件、効果と副作用について

イブランス(パルボシクリブ)は、これまで使われてきた「ホルモン剤」「抗がん剤」「分子標的薬」とも違う「CDK4/6阻害薬」という新しいカテゴリの薬です。 この記 ...

子宮頸がんTC療法とTP療法の違いは?それぞれの効果と副作用について

再発したり進行した子宮頸がんに対しては化学療法(抗がん剤などの薬をつかった薬物療法)が治療の中心になります。 子宮頸がんで使われる抗がん剤(ガイドラインに使用可 ...

膀胱がん手術で人工膀胱(ストーマ)にしたとき、生活に与える影響は?

膀胱がんでは、経尿道的膀胱腫瘍切除(TURBT)を受けたものの何度も再発したり、筋層浸潤性がんと診断されたりした場合は「膀胱を切除して取り除く=全摘出」手術が推 ...

腎臓がん 薬物療法の最新治療薬と使われる順序について

腎臓がんの薬物療法は、分子標的薬(スーテントなど)や免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボなど)を中心的な位置づけとしていることに特徴があります。 他の部位のが ...

肺がん(ステージ1 初期治療とセカンドオピニオンについて)患者さんの声|川原さん

本村さん 早速のお返事ありがとうございます。実は、方向は決めたつもりでも、気持ちはいつも揺れ動いておりました。 本日頂いた内容でこれからは、何もわからなく一人で ...

肺がん(ステージ3 抗がん剤治療について)患者さんの声|丹田さん

本村 ユウジ 様 送って頂きました、ガンを治す生き方を熟読させて頂きました。そして深い感銘を受けました。 (1)患者さんはどなたか  本人、 (2)年齢  59 ...

胃がん(ステージ3a 手術と抗がん剤の選択について)患者さんの声|ミシェルさん

ユウジさんへ ごめんなさい。わたしもスキルスと言われたと勘違いしてたのですが、そうではなく 胃癌でステージ3のAということでした。行き違いがありすみません。 い ...

乳がん(ステージ1 温存手術・全摘出手術どちらがよいか?)患者さんの声|大久保さん

本村ユウジ 様 先日は早速サポートメールを頂きありがとうございました。 その後、本村さんのメールと「がんを治す生き方」を読んだ事で、何となく気持ちが落ち着いて再 ...

濾胞性リンパ腫の最新治療と新薬について

濾胞性リンパ腫は非ホジキンリンパ腫に分類される悪性リンパ腫の一種です。日本人では悪性リンパ腫と診断された方のうち、15~20%を占めます。 濾胞性リンパ腫の治療 ...

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるR-CHOP療法の効果はどれくらい?

悪性リンパ腫のなかでも日本人に多いのが「びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)」というタイプのリンパ腫です。日本では悪性リンパ腫の患者さんのうちDLBC ...

悪性リンパ腫のステージと悪性度についての解説

悪性リンパ腫のステージ分類(ステージ1から4まで) 悪性リンパ腫は血液中の「白血球の一種であるリンパ球」に悪性の細胞ができる病気のことを指します。 発生する場所 ...

乳がんの悪性度(顔つき)はどのように判断、分類されるのか?

2017/03/29   -07.乳がん

乳がんだけでなく、がんには進行度合いを判別する「ステージ分類」という考え方があります。原則として4段階に分類され、ステージ1が早期。ステージ4が最も進行した状況 ...

乳がん手術しない治療法(手術以外の治療方法)はあるのか?

乳がんの疑いが強いと診断されると、どこの病院でも「手術」を提案されることになります。このとき「手術したくない。しない選択はあるのか」「手術以外の治療法は?」と考 ...

前立腺がんホルモン療法にはどんな副作用がある?

前立腺がんの治療において、ホルモン療法は中心的な存在になっているといえます。早期がんでは「手術や放射線治療の補助療法として」使われることが多いですし、進行したり ...

前立腺がん骨転移時の治療薬「ゾーフィゴ」の効果と副作用

2017/03/16   -16.前立腺がん

前立腺がんの治療法は、がんが前立腺に限局していれば手術・放射線が第一選択になります。これらの初期治療のあとに再発してしまった場合や、がんが限局しておらず、手術や ...

非小細胞肺がんステージ3b 放射線治療は可能か?

非小細胞肺がんのステージb3は「局所進行している状態」で、ガイドラインでは「切除手術ができない」という診断になります。 手術ができないことで、おのずと治療法は「 ...

肺がん治療薬としてのキイトルーダの効果と副作用

キイトルーダ(ペムブロリズマブ)は2016年12月に承認された免疫チェックポイント阻害剤の新薬です。キイトルーダにはどんな作用があるのか。どんなタイプの肺がんに ...

胃がん向け「抗がん剤」の種類と新薬(サイラムザ、オプジーボなど)

2017/03/01   -03.胃がん

胃がんでは手術が可能な状況であれば「切除手術」が第一優先とされます。しかし転移があるなど進行した状態で発見された胃がんや、切除後の再発胃がんでは化学療法(抗がん ...

食道がん再発時の治療法「光線力学的療法」とは?

2017/02/28   -06.食道がん
 

光線力学的療法(photodynamic therapy: PDT))とは? 「光線力学的療法(こうせんりきがくてきりょうほう」は、耳慣れない治療法ですが「レー ...

乳がん「トリプルネガティブ」は抗がん剤だけしか使えないのか?分子標的薬の登場も

トリプルネガティブという言葉の意味がどこからきているかというと「エストロゲン受容体」「プロゲステロン受容体」「HER2」の3つの要素がいずれも「陰性(-)」であ ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.