「 肺がん化学療法 」 一覧

肺がんでオプジーボが保険適応に。気になる費用や効果、副作用について

免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」が、「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」において標準治療で使えるようになりました。健康保険も適用されます。 一部では ...

肺がんで使われるようになった新薬の整理

肺がんの化学療法(抗がん剤や分子標的薬による治療)は2002年のイレッサ(ゲフィチニブ)以降、登場しつづけた新薬(おもに分子標的薬)が治療の軸になっています。 ...

肺がんの治療で使われる分子標的薬(イレッサ、タルセバ、アバスチン) ブ)

がん治療で主軸となりつつある分子標的薬とは、新たに開発された化学療法用の薬のタイプです。分子標的治療薬は、毒性の強い従来の抗がん剤とはメカニズムが異なり、特定の ...

肺がんの化学療法(抗がん剤治療)と使われる抗がん剤の種類

がん治療における「化学療法」とは、抗がん剤を使う治療のことです。抗がん剤が血液に乗って全身をめぐり、がん細胞を殺すことを目的とした「全身的治療法」です。投与方法 ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.