「05.肺がん」 一覧

肺がんの検査「胸腔鏡検査」と「縦隔鏡検査」

2015/06/12   -05.肺がん
 

肺がんの有無を調べるため、痰を調査したり、気管支鏡で組織を採取して調査したりしても、がんの有無がはっきり分からない場合は、胸腔鏡(きょうくうきょう)検査がおこな ...

肺がんの骨転移の有無を調べるための検査

肺がんは骨転移を起こすことが特徴です。この骨転移を調べるために、アイソトープ(放射性物質)を使って骨の検査(骨シンチグラフィ検査)をおこない、その進展度を確認し ...

肺がんのCT検査とMRI検査で何を調べるのか

2015/06/11   -05.肺がん
 

肺がんでよく使われる胸部エックス線検査は、撮影した肺の影絵をみるようなものです。そしてその影から、医師は肺の異常を読みとります。 それに対して、CT(コンピュー ...

肺がんかどうかを判断するための病理生検(病理検査)とは

2015/06/11   -05.肺がん
 

胸部エックス線検査や喀疾検査などの1次検診で異常がみつかった場合、その異常個所、つまり「がんと疑われる部位」を直接みて、病変があれば採取し、それを顕微鏡で詳しく ...

肺がんの一次検診の進め方(エックス線と痰を調べる細胞診)

2015/06/11   -05.肺がん
 

肺がんの一次検診の進め方(エックス線と痰を調べる細胞診) 肺がん検診に行ったときや、症状から受診して肺がんが疑われるときは、まず問診、胸部X線検査(ハイリスク者 ...

肺がんが拡がりやすい場所とその症状

2015/06/11   -05.肺がん
 

肺がんの場合、肺以外の周囲にがんが進展する(拡がる)ことで、さまざまな症状があらわれます。 1.肺野型の肺がんは胸膜に近いため、がんが胸膜を侵すと胸に水が溜まり ...

肺がんのタイプと分類方法

2015/06/11   -05.肺がん
 

肺がんは胃がんなどのがんと異なり、多彩なあらわれ方をするがんです。 一般に「肺がん」と一括りでいわれますが、実際にはさまざまな種類があります。発生しやすい場所や ...

肺の構造と働き。肺がんが進行することでどうなるのか

2015/06/11   -05.肺がん
 

■肺の構造 肺は、胸の大きな部分を占める臓器です。肋骨と背骨で囲まれた部屋のなかで、縦隔と肺に分かれています。縦隔とは胸の真ん中の部分で、大血管や気管、心臓、食 ...

脳転移した肺がんの治療法としてのサイバーナイフ

肺がんは脳に転移をしやすいがんの1つです。 脳に転移したとき、脳に対して行われる治療の中心は放射線治療ですが、通常の定位放射線治療よりも精度が高く、効果が大きい ...

肺腺がん(このうち非小細胞肺がん)で使われる薬、ザーコリとアレセンサとは?

肺がんのタイプの1つである「非小細胞肺がん」。 このタイプのがんに対しては、イレッサ(2002年承認)、タルセバ(2007年承認)などの比較的新しい分子標的薬が ...

肺がんの薬イレッサ、タルセバの効果と副作用

肺がんは様々ながんの部位の中でも、新薬の開発や現場での活用が進んでいる分野だといえます。 毒性のある従来の「抗がん剤」ではなく、がん細胞の働きを阻害することを目 ...

肺がんのロボット手術とは

2012年4月、手術支援ロボット「ダヴィンチ」による手術が「前立腺の手術」で健康保険の適用となり、大きな話題となりました。 肺がん手術の場合はまだ保険適用ではな ...

肺がん治療で使われるラジオ波焼灼療法(RFA)

肺がんの「先進医療」として「CTガイド下ラジオ波焼灼療法(RFA)」が認められています。RFAは肝臓がんの内科的治療として古くから用いられていますが、それが肺が ...

肺がんの化学療法(抗がん剤・分子標的薬による治療)の進化とは

肺がんは「小細胞がん」と「非小細胞がん(扁平上皮がん、腺がん、大細胞がん)」という種類(タイプ)に分けられ、それぞれで治療法が異なります。進行が非常に早い小細胞 ...

肺がんの「光線力学的治療(PDT)」とは?

肺がんが早期に発見されると、条件を満たせば「区域切除」という縮小手術が可能になっています。この場合、さらに内視鏡の一種である「胸腔鏡手術」で行えると、肺の機能を ...

肺がんのステージ分類と主要な治療法「手術」について

肺がんの治療を決める重要な要素は3点あります。「中心型肺がん」(太い気管支にできる)か「末梢型肺がん」(肺の奥深いところにできる)か。「小細胞がん」「腺がん」「 ...

肺がんの種類とそれぞれの治療法

肺がんには様々な種類があり、それぞれ治療法や使う薬なども異なります。ですので治療を決定する上で、肺がんの種類(タイプ)を確認することは重要なポイントだといえます ...

肺がんであるかどうかを確定するための検査の流れ

肺がんの検査は「胸部X線検査」や「胸部CT(コンピュータ断層撮影)検査」、そして、痰を採って調べる「喀痰細胞診」が中心です。これらの「肺がんの可能性を調べる検査 ...

肺がんの患者数と死亡率

2010年のがん死亡者数は35万3499人で総死亡者数の29.5%を占めていますが、そのがんを部位別にみると、「肺がん」が最も多く6万9813人です。肺がんを男 ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.