「13.皮膚がん」 一覧

人気の記事

1

そう、がんと闘うときには「絶対にやってはいけないこと」があります。 2008年からサポート活動をしている私は、これまで3,000人以上のがん患者さんやご家族と接 ...

2

1974年生まれ。神奈川県川崎市在住。妻と愛犬と暮らしています。身内を4名もがんで失ったことをきっかけに「どうすれば、がんに勝てるのか?」と研究や調査をはじめま ...

皮膚がんの検査方法と基本的な治療法について

2015/07/05   -13.皮膚がん

■皮膚がんの検査と診断方法 目視によって皮膚がんの疑いがあった場合、確実な診断を行うには、病理組織検査、つまり「皮膚生検」を行います。 これは、局所麻酔を行って ...

皮膚がんのおもな症状

2015/07/05   -13.皮膚がん

皮膚にできた「びらん」や潰瘍などがいつまでも治らない場合、皮膚がんの可能性があります。 また、ふつうのほくろよりも大きく、不定形で、赤褐色または褐色に皮膚がもり ...

皮膚がんの種類と主な原因

2015/07/05   -13.皮膚がん

人間の体の中で最大の器官である皮膚は、さまざまな種類の悪性腫瘍(皮膚がん)を発症する可能性があります。皮膚がんは、皮膚をつくっている細胞の種類によって、大きく次 ...

オプジーボの効果と副作用とは?

皮膚がんの一種であるメラノーマ。治療法の基本は手術によって皮膚上にあるがんを切除することです。 しかし再発のリスクがある場合や、手術の対象にならない場合は「薬」 ...

皮膚がんの「メラノーマ(悪性黒色腫)」とは

皮膚がんの中で最も注意が必要なのが「メラノーマ(悪性黒色腫)」です。 皮膚がんの中の約12%程度を占めるメラノーマですが、これは紫外線の害から体を守るメラニンと ...

進行に注意が必要な皮膚がん「有棘細胞がん」

皮膚がんは種類の多いがんですが、皮膚の最も外側の表皮にできるのが有棘細胞がんです。 有棘細胞がんは紫外線の影響の大きいがんとして知られています。長期間に渡って紫 ...

皮膚がんの「基底細胞がん」の検査と治療

皮膚がんの約25%を占め、皮膚がんの中で最も多いといわれている「基底細胞がん」の検査はまず「ダーモスコピー」で行われます。これは病変部を10倍に拡大して観察する ...

皮膚がんの原因と特徴

紫外線の影響でオーストラリアでは皮膚がん患者が急増し、今日では幼児期から日焼け止めクリームを塗るのを徹底して行っているほどです。 もちろん紫外線の影響はオースト ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.