「03.胃がん」 一覧

胃がんの抗がん剤の効果は?最新の標準治療について

胃がんの治療法の第一選択は古くから「手術」であり、これは今でも変化していません。しかし、切除不能な胃がんや再発した胃がんの場合は化学療法(抗がん剤など薬を使った ...

ステージ3、4胃がんの化学療法(抗がん剤治療)

早期の胃がんは手術をすることが前提ですが、再発したり、切除不能なほど進行したり、転移していたりする場合は化学療法(薬を使った治療)が軸になります。 では、胃がん ...

スキルス胃がんの5年生存率は?

スキルス胃がんの5年生存率はわずか20%程度と、普通の胃がんと比べるととても低い数字になっています。スキルスとは"硬い”という意味です。胃壁内部に浸潤して広がり ...

胃がんステージⅡ期、Ⅲ期の標準的な治療法とは

胃がんがステージ(病期)Ⅱ、Ⅲという進行がんの状態になると手術に抗がん剤治療が加わるのが標準治療です。手術で胃がん部分をすべて切除したと思っても、肉眼で見えない ...

胃がんの標準的な3つの手術方法と後遺障害

早期胃がんの手術は内視鏡治療、腹腔鏡手術と、従来の開腹手術に比べてダメージの少ない治療が行われています。しかし、胃がんが進行しリンパ節に転移していると、開腹手術 ...

胃がん治療における腹腔鏡下センチネルリンパ生検とは?

■胃がんにおけるセンチネルリンパ生検 早期胃がんのうち、がんが胃の粘膜にとどまっていれば、口から胃カメラを入れる内視鏡治療で治療ができます。 しかし、粘膜の下の ...

胃がん治療における腹腔鏡手術の位置づけと進め方

胃がん手術は早期に発見すればするほど確実に体にやさしい治療が可能だといえます。 最も早期であれば「内視鏡治療」で腫瘍を切除することができ、そして、次の段階に控え ...

胃がんにおける内視鏡検査と内視鏡手術について

内視鏡技術の進歩で早期の胃がんが発見されやすくなっています。 胃がんの検診を受ける人も、従来のX線検査ではなく内視鏡検査を希望し、選択されるケースが多いため、超 ...

胃がんの死亡数は年間約5万人に(2010年)

がんの死亡者数の中で最も多いのは肺がんですが、次いで多いのが胃がんです。 2010年の数字では、肺がん死亡者数は6万9813人、胃がんは5万136人です。昔から ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.