マイクロ波凝固療法

マイクロ波凝固療法、ラジオ波焼灼療法の副作用と合併症

おもな副作用は、痛みと発熱であり、肝臓の機能も一時的に低下します。その他、熱傷や出血、胸水や腹水、胆汁のもれや胆汁性嚢胞(胆汁がたまって袋ができる)、肝膿瘍(膿 ...

肝臓がんマイクロ波凝固療法の手順

経皮的マイクロ波凝固療法 マイクロ波凝固療法では太い針を使用します。そこで、確実にこの針を腫瘍に刺せるかどうか確認するため、はじめに試験的に細い針を腹部に刺しま ...

マイクロ波凝固療法とラジオ波焼灼療法の違いと進め方

肝臓がんで使われる熱凝固療法にはマイクロ波凝固療法とラジオ波焼灼療法があります。そして、これらにはそれぞれ、皮膚を通して(経皮的に)行う手法、腹腔鏡を用いる方法 ...

肝臓がんのマイクロ波凝固療法とラジオ波焼灼療法が適応となるケース

肝臓がんの熱凝固療法ともいわれる「マイクロ波凝固療法」および「ラジオ波焼灼療法」は、患者の体が傷つくことが比較的少ない(侵襲度が小さい)手法です。しかし、これら ...

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.