がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんとの闘いに失敗しないために」。
医者には書けないガイドブック、無料プレゼント。
くわしくはこちら。

→ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

01.サポート会員の声(個別)

直腸がん・反町さん|患者さんの声・評価

投稿日:

mail0079

本村さん早速の返信、ありがとうございます。
色々状況に変化があるものですから、連日のご相談になり申し訳ありません。16日に注腸検査を受けましたが、30分ほどもかかったせいか肛門が痛く、夕方には肛門の左側に直径1cmほどの出来物が現れました。高さもあります。

本日になっても改善しないため、来週の内視鏡検査のこともあり近くの胃腸・肛門科で診てもらいましたところ、肛門内は筋状に出血痕があり軟膏を処方してもらいました。

問題は出来物ですが化膿かと聞くと医師は分からない、と言います。直腸がんと関連があるかも知れない、とのことでしたが2、3日でがんが進行することがあるのでしょうか。
さてセカンドオピニオンと現在の病院の関係について詳しいご説明ありがとうございました。昨日のセカンドオピニオンを早く受けたほうが良いとのアドバイスでしたので早速その旨知人を介して連絡をとりましたがその日のうちに日程まで決まってしまいました。

現在の病院の相談日が26日ですので、それ以降診療情報提供書やデータを入手してからの診断を希望したところ、担当の医師が早い方が良いと言っており、来週にでも診てあげよう、ということになり23日に内視鏡検査を受けることになりました。
(この時に出来物も診ていただこうと思います。)
そしてその日のうちに人工肛門がとなるか、否かの判断も説明いただけるとのことです。
更に家族の同席があればその日のうちに外科の医師を含め、治療方向の打ち合わせも可能との話でした。現在の病院には予定通り出向き、セカンドオピニオンを申し入れ資料をいただけば良いとの話です。どうも紹介してもらった人と余程親しい関係にあるのか病院のHP記載のステップを跳び越した対応をいただくようであり小生も急な展開に驚いております。

今後のことにつきましては又本村さんのアドバイスを頂戴しながら、決めたいと思っておりますので当日は医師の勧める治療をお聞きし、結論は別途にしたいと思っております。


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

たった1つの条件とは

本村ユウジ
あなたが、がんに勝てるように。お手伝いができます

お金、苦痛のない日常、人生、命。

大切なものを守るためには、絶対に欠かせない条件が「1つだけ」あります。

5分で読めるページです。答え合わせしませんか?

→ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「誰が本当のことを言っているのか分からない」

矛盾だらけのがん治療。

本当のことを知るために、書籍を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

医者には書けないガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読めば、「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

「もう耐えられない。告知される前の人生に戻りたい」 これは私が実際に聞いた、乳がん闘病中の女性の言葉です。 絶え間ない再発への不安。 苦痛をともなう手術、抗がん ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.