いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

27.がんと食事・食材

がん(癌)と長ネギ ~がんへの効果と栄養成分について~

更新日:

がん(癌)と長ネギ


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


長ネギの特徴

ネギの故郷はシベリアなどの寒冷地です。長ネギは、寒くなるほどに甘みを増し、1月においしさのピークを迎えます。ネギ特有の辛味成分「アリシン」には、血液が固まるのを防いでサラサラにする効果があります。

九条ネギなど土寄せをしないで育てる葉ネギは、カロテンやビタミンCが豊富です。

また、長ネギにはアスピリンと同じような鎮痛解熱作用があることでも知られています。

【がん(癌)に作用されると言われている成分】

アリシンは、ビタミンB1と結合してアリチアミン(アリナミン)になり、ビタミンB1が体内で長期間利用できるようにします。ビタミンB1は不足するとクエン酸回路がスムーズに働かなくなってがんの遠因になると言われています。

また、アリシンには、体内に侵入した異物やがん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化する働きがあり、がん予防効果が期待できるといわれています。

【調理方法のコツ】

揮発性の成分であるアリシンは熱に弱いので、長く煮込むと効力が激減します。アリシンを活用するなら生食がおすすめです。白髪ねぎなどにして、2~3分水にさらし、できるだけ
生に近い状態で食べるとよいでしょう。

【良い長ネギを選ぶポイント】

自然に即して無農薬で育った長ネギは、寒さが増してくると葉が肉厚になり、しっかりと巻いて太くなってきます。特に地上に出ている緑色の部分が、太く、かつ淡い緑色をしているものがよいネギです。白っぽい葉や枯れ葉がついているもの、表皮が乾いているものは固くて味が悪いといえます。

・保存法

養分を奪う根を切ってから、ポリ袋に入れて野菜室で冷蔵しましょう。泥つきなら、新聞紙に包んで冷暗所に立てておくか、庭の土に浅く埋めるのがよいです。

【主な栄養成分】(100gあたり)

ビタミンA 150ug
ビタミンC 31mg
カルシウム 54mg
鉄 0.7mg
βカロテン 2200ug
葉酸 120ug
など

以上、がん(癌)と長ネギについての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-27.がんと食事・食材

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.