がん治療専門アドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」

無料でガイドブック(小冊子)をプレゼント

27.がんと食事・食材

がん(癌)とキュウリ ~がんへの効果と栄養成分について~

更新日:

がん(癌)とキュウリ


【特設ページ】がん闘病に苦しんでいる方へ

重要→がんを治すための「たった1つの条件」とは?


キュウリの特徴

高血圧を予防するとともにむくみを解消するカリウムを多く含みます。表面の白い粉は水分蒸発を防ぐ役割のブルームというもので問題ないのですが農薬と間違われるため、最近ではブルームのないきゅうりが主流となりました。

キュウリは水分が多いので、栄養面で大きな特徴はないですがビタミンC、Eをバランスよく含みます。また利尿効果やむくみを解消する働きがあるカリウム、イソクエルシトリンを含んでいます。風邪・高血圧予防や美肌効果も期待できます。

【がん(癌)に作用されると言われている成分】

キュウリの皮の苦みになっているのはククルビタシンという成分です。これはゴーヤの苦みのもとと同じものです。ククルビタシンには抗がん作用があるといわれています。

【調理方法のコツ】

生で食べるのが基本ですが、ぬか漬けにする野菜の代表格でもあるキュウリ。ぬかの有効成分を吸収することで、ビタミンB1が約9倍、カリウムとビタミンKが約3倍、ビタミンCが約1.5倍になります。

【良いキュウリを選ぶポイント】

色が濃すぎずに肩が盛り上がっていて、張りがあり、しっかりと重みを感じるものを選ぶとよいです。またイボがとがり、太さが均一なものがよいです。曲がりは味に無関係です。

・保存法

夏野菜は風が嫌いです。ウリ科、ナス科は風があたる冷蔵庫にはしまわず、頭を上にして涼しいところに保管しましょう。冷蔵庫に入れる場合は、厚手の布に巻くと、効果的に保存できます。

【主な栄養成分】(100gあたり)

βカロテン 330ug
ビタミンC 14mg
カリウム 200mg

以上、がん(癌)とキュウリについての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、がん治療専門アドバイザーが語る、

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-27.がんと食事・食材

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.