27.がんと食事・食材

がん(癌)とキュウリ ~がんへの効果と栄養成分について~

更新日:

がん(癌)とキュウリ

【キュウリの特徴】

高血圧を予防するとともにむくみを解消するカリウムを多く含みます。表面の白い粉は水分蒸発を防ぐ役割のブルームというもので問題ないのですが農薬と間違われるため、最近ではブルームのないきゅうりが主流となりました。

キュウリは水分が多いので、栄養面で大きな特徴はないですがビタミンC、Eをバランスよく含みます。また利尿効果やむくみを解消する働きがあるカリウム、イソクエルシトリンを含んでいます。風邪・高血圧予防や美肌効果も期待できます。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

続きを見る

【がん(癌)に作用されると言われている成分】

キュウリの皮の苦みになっているのはククルビタシンという成分です。これはゴーヤの苦みのもとと同じものです。ククルビタシンには抗がん作用があるといわれています。

【調理方法のコツ】

生で食べるのが基本ですが、ぬか漬けにする野菜の代表格でもあるキュウリ。ぬかの有効成分を吸収することで、ビタミンB1が約9倍、カリウムとビタミンKが約3倍、ビタミンCが約1.5倍になります。

【良いキュウリを選ぶポイント】

色が濃すぎずに肩が盛り上がっていて、張りがあり、しっかりと重みを感じるものを選ぶとよいです。またイボがとがり、太さが均一なものがよいです。曲がりは味に無関係です。

・保存法

夏野菜は風が嫌いです。ウリ科、ナス科は風があたる冷蔵庫にはしまわず、頭を上にして涼しいところに保管しましょう。冷蔵庫に入れる場合は、厚手の布に巻くと、効果的に保存できます。

【主な栄養成分】(100gあたり)

βカロテン 330ug
ビタミンC 14mg
カリウム 200mg

以上、がん(癌)とキュウリについての解説でした。

「食事でがんが治る」という人もいれば「治るはずがない」という人もいます。これはYesかNoかで単純に答えられるものではないのです。

がんとの闘いについて、納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

たった1つの条件とは

本村ユウジ
がん治療専門アドバイザー、本村です。

手術、抗がん剤、免疫、食事療法・・・。

「私のがん治療、これで大丈夫かな?」

と少しでも不安なら。

確認するポイントは1つだけです。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-27.がんと食事・食材

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.