08.子宮頸がん

子宮体がんと子宮頸がん

更新日:

sikyu

女性特有のがんとして「子宮がん」があります。2010年には5930人が死亡しており、1975年からその数字はほぼ横バイ状態となっています。ただ、子宮がんに罹患する人は増えており、大腸がん、乳がん、胃がんに次いでいる状況です。

子宮は妊娠時に胎児が出産まで入っている器官で、下腹部の骨盤に囲まれた奥深いところにあります。子宮は大きく2つに分けられており、子宮の入り口付近、子宮の下3分の1を「子宮頸部」、子宮の上3分の2、奥の部分を「子宮体部」と呼んでいます。

同じ「子宮がん」ですが、がんのできる原因やがんの診断・治療などでは2つは大きく異なるがんだといえます。

子宮体がんの多くは子宮内膜にできる子宮内膜がんで、女性ホルモンの乱れが関係しています。もちろん、それだけではなく、遺伝や食生活なども関係しているといわれています。体がんの代表的な自覚症状は不正出血です。

ただ、発症年齢は50代、40代に多いため、更年期の症状のひとつと受けとられ、発見が遅れることが少なくありません。

不正出血以外にもおりものの量が増えたり、茶褐色になったりと異常がみられ、さらに進むと排尿痛や下腹部痛、貧血などの症状もでてきます。かつては子宮頸がんが圧倒的に多かったのですが、今日ではほぼ同程度の発症率ですので、早期発見の重要性が増しています。

いっぽう子宮頸がんは、発症原因にHPV(ヒトパピローマウイルス)が関係していることがわかっています。HPVはセックスによって感染するウイルスです。女性の半数以上が生涯に1度は感染するといわれているほどです。

子宮体がんの発症よりもかなり若く、30代、40代がピークとなります。ただし、20代でも発症する人が増えています。初期には無症状なので、早期発見には検診以外に方法はないのが現状です。日本では毎年1万5000人が子宮頸がんと診断されています。

その子宮頸がんの原因であるHPVはイボを作るウイルスの仲間で、種類は150種以上といわれ、その中の40種程度が性交渉で感染します。HPVに感染したからといってどれもが一律にがん化するのではなく、HPVにもハイリスク型とローリスク型があります。

ハイリスク型HPVとは16、18、31、33、39、51、52、58型など13種類ほどですが、ハイリスク型に感染したから即子宮頸がんを発症するわけではありません。

人間は自己免疫によって体を守っており、HPVに感染してもまずは免疫で約90%は排除されるので、感染は一過性です。残り10%は軽度の前がん状態になるものの、そのまま進むことなく、正常な状態に戻ります。

そのままの状態が続くのは、やはり10%程度ですが、その10%もすべてがん化するわけではありません。最終的に発症の確率は1000分の1程度(約0.1%)と考えられています。

そのため、HPVに対応することを目的に世界100か国以上でワクチン接種で感染予防が行われており、日本でも2009年10月にワクチンが承認されました。現在は2価ワクチン(HPV16、18型)と4価ワクチン(HPV6、8、16、18型)が出ていますが、現在は副作用が問題になっています。

以上、子宮がんについての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-08.子宮頸がん
-,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.