09.子宮体がん

子宮体がんの手術「単純子宮全摘術」とは

更新日:

単純子宮全摘術

単純子宮全摘術

子宮体がんの治療では、9割ほどに切除手術が適用されています手術の方法(術式)には何種類かあり、進行期によって適用が分かれます。

細胞診や組織診で子宮内膜異型増殖症やがんと診断されれば、病変が子宮内膜に限局していても、妊娠を希望しなければ、原則、子宮全体を切除します。これを「単純子宮全摘出術」といい、リンパ節郭清(摘出)は実施しません。

類内膜腺がんは、がん細胞の形態が子宮の内膜細胞に似ています。このがんは、子宮体がんの8割を占め、2割にあたるほかの漿液性腺がん、明細胞腺がん、粘液性腺がんなどに比べると、浸潤や転移する確率の低いがんです。

とくに分化度が、正常細胞に近いG1では、がんとしての悪性の度合いも低くなります。
したがって、臨床進行期がステージ1A期・G1の類内膜腺がんでは、近隣のリンパ節へ、がん細胞が広がっていることも稀になります。

この手術法の利点は手術後の合併症が少ないこと、輸血が必要となるような出血が少ないということが挙げられます。腹腔鏡下手術も可能です。

単純子宮全摘出術を含めてすべての子宮摘出手術では、両側付属器(左右の卵巣と卵管)も切除します。これは統計上、全子宮体がんの15%もが、卵巣に転移するからです。

ステージ1A期・G1の類内膜腺がんでは、転移の確率はもっと低くなりますが、万全を期しての処置として行われます。また子宮体がんとは別に、卵巣がんができていることもあるため切除が原則とされています。

両側付属器の切除はこのように、子宮体がん手術では同時に実施されます。ただし、妊娠を希望する人には、がんの有無を画像検査などで十分に検討したのち、転移している確率が0に近いときは、これらを温存(妊孕性温存)することも可能です。

手術時間は1~2二時間くらいで、入院日数は7~10日くらいです。

なお、手術終了後に切除したがんの細胞・組織の診断を行います。これは臨床病期を最終決定する準拠になります。ときには第三次検査の結果と異なるときがありますが、手術後の細胞・組織診が優先します。

以上、子宮体がんの手術についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-09.子宮体がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.