いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

25.抗がん剤・分子標的薬

呼吸に関する抗がん剤の副作用|咳、息切れ、呼吸困難(間質性肺炎)の対策

更新日:

hospi77422

抗がん剤などの薬で呼吸器の症状が起こるケースは以前より減少傾向にあります。ただ、「間質性肺炎」は、頻度は低いものの重い症状をもたらすので要注意です。

間質性肺炎が疑われたらすぐに治療は中止する

咳や息切れなどの呼吸器症状は専門的には「肺毒性」といい、肺の細胞が薬の作用でダメージを受けたり、薬に対する免疫反応の1つとして起こったりします。

薬を投与後数週間~数カ月で、乾いた咳、動いたときの息切れ、微熱などが現れる「慢性型」と、治療をしたあとすぐに発熱、咳、息切れなどが現れる「急性型」があります。

体力が低下している人や日常の活動度が低い人、肺に持病がある人、高齢者などで発症のリスクが高いとされ、予防的に抗菌薬や抗真菌薬が投与されることがあります。

こうした呼吸器症状のなかで、とくに注意しなければならないのは、「間質性肺炎」です。肺の上皮細胞などに起こった炎症を放置すると、ガス交換をしている肺胞と肺胞の間の組織(間質)がむくんできます。

この状態が続くと肺が線維化し、呼吸機能が低下します。これが間質性肺炎で、発生頻度は低いものの、重症化すると死に至るおそれがある副作用の1つです。2002年以降、肺がんで使われる分子標的薬のゲフィチニブ(イレッサ)で生じた間質性肺炎が問題となりましたが、これ以外の抗がん剤、分子標的薬でも起こります。また、がんの治療薬に限らず、さまざまな薬で生じます。

薬の投与中に咳や息切れなどの症状が見られたら、胸部X線やCTなどの画像検査や血液検査などが行われます。

一般的な感染症が原因だと分かったら治療は継続しますが、間質性肺炎が疑われたら治療を中止し、症状が改善しないときは、ステロイド薬の注射や、短期間に大量のステロイド薬を点滴する「ステロイドパルス療法」を行います。

以上、抗がん剤の副作用についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.