10.肝臓がん

肝臓がんでなぜ黄疸が起きるのか?

更新日:

肝臓がんでなぜ黄疸が起きるのか

肝臓の重要な機能の1つに、古くなった赤血球の分解処理があります。血液中に含まれる赤血球は約120日間で寿命を終え、肝臓や脾臓などに運ばれると、そこで分解されます。

このとき、赤血球の主要な成分である「ヘモグロビン(血色素)」は、半分ほどが回収されて新しい赤血球をつくる材料として利用されます。

残りの半分は「ビリルビン(胆汁色素)」と呼ばれる黄褐色の色素に変わり、肝臓から胆汁に混じって消化管内に排出されます。この色が大便の色となります。

このビリルビンは、肝臓の機能が正常な場合でも、血液中に微量、すなわち100デシリットル(dl)あたり0.5ミリグラム程度は存在しています。しかし、肝臓の機能が低下すると、血液中のビリルビンの量が急激に増え、皮膚や粘膜、白目などが黄色く変色してきます。これが一般的な「黄疸」の症状です

黄疸が出はじめたときには、白目などの変色部分は鮮やかな黄色ですが、時間がたつにつれて緑がかった暗灰色に変わり、同時に、多くの場合、尿も黒っぽく変色してきます。一方、大便は、ビリルビンの排出が少なくなるため、逆にいつもより白っぽくなります。

黄疸自体は、ただちに生命にかかわる致命的な病変ではありません。しかしやがて、皮膚のかゆみ、出血傾向、血液中の酸素と栄養輸送能力の低下にともなう貧血や栄養不良、などが見られるようになります。

黄疸には、大きく分けて3つの原因があります。肝臓がんに関連して生じる黄疸は、以下の2.と3.です。

1.溶血性黄疸

免疫の異常や脾臓のはたらきが異常に活発になるなどのさまざまな原因で、赤血球が異常に壊れることがあります(溶血性貧血)。その結果として、ビリルビンが血液中にあふれ出します。

2.肝機能の低下による黄疸

肝臓の組織が病変によって破壊され、いったん生産されたビリルビンが、組織から血液の中に直接しみ出すことによって起こる黄疸は、肝炎や肝硬変の場合によく見られます。

3.閉塞性黄疸

胆管が何らかの原因で詰まって胆汁の通り道をふさぎ、逆流した胆汁によって肝臓内の細胆管が破裂し、胆汁が血液内に流出する例もあります。

このタイプの黄疸は、胆石や手術痕の潰瘍化などによって引き起こされることもあるものの、胆管内にがんが生じたために、胆汁の通路がふさがれるという例も少なくありません。

まれに、膵臓にできたがんが成長して胆管を圧迫し、胆管の内部が閉塞して黄疸を引き起こすこともあります。

以上、肝臓がんの合併症についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

-10.肝臓がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.