03.胃がん

胃がんの「腹腔鏡手術」が対象になるのは?

更新日:

胃がんの「腹腔鏡手術」

胃がんで内視鏡治療の対象にならなくとも、ステージとして早期がんの人の治療には、「腹腔鏡手術」が適しています。

腹腔鏡手術とは、お腹に2~10mmの小さな穴を4カ所ほどあけ、そこから「腹腔鏡」と呼ばれる小型カメラや器具を入れ、炭酸ガスでお腹を膨らませ、モニターを見ながら病巣とその周囲の胃の切除をする方法です。

胃がんの治療だけではなく、胆のうポリープ、大腸ポリープ、大腸がん、子宮筋腫、卵巣のう腫など、さまざまな病気の手術にこの腹腔鏡が使われています。最初は、良性の病気に使われることの多い手術法でしたが、最近ではがんの治療にもずいぶん使われるようになっています。

一般的な開腹手術と違って小さな穴をあけるだけなので、患者の負担は少なくてすみます。当然、術後の痛みは少ないですし、回復も早く、3~10日で退院できます。

患者にとってはメリットが大きい治療法ですが、いまだに早期がんであっても、お腹を切る普通の開腹手術をしている病院もあります。それどころか、内視鏡治療で十分なものに、開腹手術をするところもあるくらいですから、開腹といわれたら他の病院でもセカンドオピニオンを受け、本当に選択肢がないのかを確認するようにしましょう。

もちろん、開腹手術が必要なこともありますが、お腹に大きくメスを入れられると、手術後も腸の癒着が起こりやすく、後の生活に大きな負担となる場合があるという問題があります。

胃がんで開腹手術が必要なケース

内視鏡治療や腹腔鏡手術という、比較的負担の少ない治療法で済めばよいのですが、胃がんの場合、がんを治すためには、従来どおりの開腹手術を受けなければならないこともあります。開腹手術が必要なのは、進行がんの人です。

それから、早期がんであっても胃の入り口付近(噴門といいます)にぱらぱら型のがんがある場合には、腹腔鏡手術ではなく開腹手術になることがあります。どの部位にがんがあっても粘膜にとどまっている場合は、内視鏡で開腹せずに切除できる可能性があります。

以上、胃がんの手術についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

-03.胃がん
-,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.