いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

10.肝臓がん

肝臓がん動注療法の種類

更新日:

動注療法(リザーバー法)

動注療法(リザーバー法)

肝臓がんに対する動注療法とひと口にいっても、さまざまな方法があります。その違いは、1つは抗がん剤の注入のしかた、もう1つは使用する抗がん剤によるものです。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


【抗がん剤の注入法】

①1回のみ、または必要なときのみの注入

1回だけの治療はふつう、血管造影検査の最後に行います。血管造影の際には、太ももまたは腕の動脈に細いチューブ(カテーテル)を入れて、先端を肝臓の動脈まで通します。そして、このカテーテルから造影剤を注入して血管を撮影します。

その後、必要な撮影が終わったら、カテーテルを腫瘍のできるだけ近くまで挿入し、抗がん剤を注入します。最近では一般に、1回のみの動注の後には、引き続いて肝動脈塞栓療法を行います(化学塞栓療法)。

②反復動注療法(リザーバー法)

反復動注療法では一般に、カテーテルとリザーバー(リザーバーポート)という装置を体内に埋め込み、これらを通して抗がん剤を注入します。

かつて反復動注療法では、治療のたびに太ももの動脈からカテーテルを挿入して、肝臓まで通し、カテーテルの先から抗がん剤を注入していました。これは操作が煩雑なだけでなく、患者の負担も重いものでした。

このような操作を避けるには、カテーテルを体内に置いたままにすればよいと考えられます。しかし、カテーテルの手元側の先端が体外に出ていると、日常生活にさまざまな支障が生じます。さらに、重大な感染症にかかったり、出血を起こす危険も高くなります。

そこで、こうした危険を避けるために、リザーバー(貯留装置)が登場しました。もっとも普及しているタイプのリザーバーは、直径2センチ、厚さ1センチほどの円盤状で、内部は空洞になっています。薬剤はいったんリザーバー内の空洞に入り、そこからカテーテルへと流れ出すしくみになっています。

リザーバー法では、まず体内にカテーテルを留置し、その先端にリザーバーをつなぎます。ついで、リザーバーを皮膚の下に埋め込みます。

薬剤を投与するときには、皮膚を通して、リザーバーの天井部分(セプタム)を刺します。すると、薬剤はリザーバーの内部からカテーテルに入り、目的の場所まで流れていきます。

リザーバーの天井部分はシリコン製で、くり返し刺しても薬剤がもれたりすることがありません。ただし、皮膚の損傷を少なくし、また天井の部分を弱くしないために、刺す場所は毎回少しずつずらします。

皮膚の下にリザーバーを埋め込むことにより、カテーテルの管理(おもに感染予防と血栓予防の処置)は容易になりました。そのため、抗がん剤を注入するときだけ病院を訪れ、入院せずに治療を受けることも可能になりました。

③反復動注療法2(体外留置式カテーテル法)

短期のみの反復動注療法を行部う場合、リザーバーを体内に埋め込む処置を行わず、カテーテルの先端を体外に出したままにすることがあります。

この方法は、リザーバー法に比べ、カテーテルを留置したり抜き去ったりすることが容易です。しかし、長期間この方法を続けると、カテーテルが細菌に感染する危険性が高くなります。そのため、他の治療を行う前や後の補助的な治療として、行うことが一般的です。

④ワンショット法と持続注入法

反復動注療法には、ワンショット法と持続注入法があります。ワンショット法は、注射器を使って抗がん剤をいっきに注入する方法です。

これに対して持続注入法は、比較的低い濃度の抗がん剤を、ポンプを用いて長時間かけて注入する方法です。いまでは、携帯式のポンプが開発されているため、いったんリザーバーにポンプをつないだら、その後は病院から離れることも可能です。

最近では、持続注入法が動注療法の主流になっています。なお、1回かぎりの治療も、短時間で抗がん剤を注入するため、ワンショット法と呼ばれることがあります。

以上、肝臓がんの動注療法についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-10.肝臓がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.