がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

09.子宮体がん

子宮体がん手術後の合併症や後遺症、再発について

更新日:

子宮体がん手術後の合併症や後遺症

子宮と卵巣だけを切除する手術では、大きな合併症や後遺症はみられないといわれますが、おなかをみぞおちから恥骨上まで縦に切って、開腹して手術を行うわけですから、手術後軽い腸閉塞は10%以上に起こり、手術を要する腸閉塞も1~2%は起こります。

なお、進行した子宮がんの場合、傍大動脈(ぼうだいどうみゃく)のリンパ節まで広範囲に切除することになります。その場合はとても大きな手術になりますので、特に腸閉塞とリンパ漏(リンパ液の漏れ)と足のリンパ浮腫が問題になります。

【特設ページ】多くの人が・・・

がんを治せない理由。

経験10年の「がん治療専門アドバイザー」による徹底解説。

腎臓の動脈、静脈をまたぐようにリンパ管が走っているのですが、そのリンパ管を切除することになるのでリンパ漏が3%くらい起こります。リンパ漏は、リンパ液がおなかにたまって漏れ出るリンパ管に腹圧がかかることで、自然に閉塞します。

通常はよくなるまで数週間はかかります。おなかが膨満して苦しい場合は、おなかに排液針を刺して貯まっているリンパ液を1回に1,000~2,000ml抜くことになります。

足のリンパ浮腫は、子宮頸がんに比べて特に高頻度ということはありません。子宮体がんに対しては、放射線をかけることはほとんどないからだと考えられています。

子宮体がん手術後の再発リスクと手術後治療

手術の結果、手術中の医師の所見、術後病理診断を合わせて検討すると、再発の要因がどれくらいあるのかがおよそ分かります。

・再発のハイリスク要因

1.子宮筋層の2分の1を超える深い浸潤(ステージⅠB期)
2.子宮頸部への浸潤(ステージⅡ期)
3.卵巣や子宮漿膜や骨盤の腹膜への播種(ステージⅢA期)
4.骨盤リンパ節ならびに傍大動脈リンパ節転移陽性(ステージⅢC期)
5.大綱や上腹部への播種、転移(ステージⅣ期)
6.病巣が遺残した可能性がある
などが再発のリスク因子です。

・再発した場合は化学療法(抗がん剤治療)が中心

上記のリスク因子の「1~5」までには、化学療法がおこなわれます。最も一般的な化学療法の進め方は、ドセタキセル(タキソテール)60mg/㎡+シスプラチン(ランダブリプラチン)60mg/㎡(DP療法)、ドキソルビシン(アドリアマイシン)50mg/㎡+シスプラチン50mg/㎡(AP療法)、パクリタキセル(タキソール)175mg/㎡+カルボプラチン(パラプラチン)AUC5(TC療法)のいずれかを用います。

リスク因子が「6」である場合は、化学療法だけではなく対象部位に放射線を照射する場合もあります。

以上、子宮体がんの手術後の後遺症などについての解説でした。

 さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

「病院で治療をしても、治る保証はない」と気づいた人は、他の手段を探し始めます。

それが【混乱の日々】の始まりになります。

自分の選択に自信が持てず「これでホントに合ってるの?」という不安と恐怖。そんな毎日が続くのです。

どのようにがんに向き合い、闘えばがんに勝てるのでしょうか?

がんを治すためには「たった1つの条件」が必要です。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-09.子宮体がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.