06.食道がん

バレット食道や逆流性食道炎はは食道がんの原因になりやすい

更新日:

食道がんの原因

長びく食道の病気が、食道がん発生の素地をつくってしまうことがあります。胃液が食道に入り込む逆流性食道炎などには、注意が必要です。

繰り返す食道炎ががんを発生しやすくする

食道の病気が、食道がんの危険因子になることもあります。たとえば、胃から胃酸が食道に逆流し食道炎を起こす「逆流性食道炎」という病気があります。

この病気により食道炎を繰り返していると、食道粘膜の細胞が変質してしまうことがあります。この状態をバレット食道といいます。バレット食道で荒れた粘膜は、食道がんの温床になることがあるので、逆流性食道炎のある人は注意が必要です。

食道の蠕動運動が障害されたり、胃との境にある括約筋が締まったりする「食道アカラシア」という病気も、食道がんと関係します。

・食道アカラシアとは?

原因不明で、食道の蠕動運動がうまくできなかったり、下部食道括約筋が締まったままになったりして食べ物の食道通過が障害される状態になります。長期間患っていると、食道内に食べ物が留まるため食道炎を繰り返してしまいます。(症状:飲み込めない、肺炎、誤嚥性肺炎、食道炎など)

・逆流性食道炎

胃の入り口は、逆流を防ぐために括約筋によって閉じられていますが、加齢などで括約筋の力が低下するなどで、胃液を含んだ内容物が食道に逆流することがあります。すると強い胃酸により、食道の粘膜が傷ついてしまいます。(症状:胸焼け、咳、のどの違和感、胸痛、喘鳴など)

・バレット食道

粘膜の扁平上皮細胞は、通常平たい四角形をしていますが食道炎を繰り返すうちに、酸から身を守るために円柱形に変化していきます。やがて粘膜に大きさや形の異なる細胞が入り乱れた状態になり、がん化の原因になります。

以上、食道がんに関する解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-06.食道がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.