いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

01.サポート会員の声(個別)

胆管がん・松田さん|患者さんの声・評価

更新日:

mail0117

TO:本村さん

お世話になります。松田です。

今年も残す所5日程となり、非常に慌ただしくなってまいりました。同時に寒さも厳しくなってきましたが、くれぐれも風邪等ひかぬよう御自愛下さい。

さて母の状況についてですが、副作用のだるさもあったと思いますが、何とか持ちこたえ、先週第3クールの治療を終えております。今週ぐらいからボチボチ食欲も湧いてきたようですが、まだまだ本調子では無いとの事。

これまで4週間治療して2週間休みと言うパターンでしたが、今回は正月に差し掛かる為、休みが3週間となります。この年末年始は私も実家に帰省しますので、母も楽しみにしているようです。

これまで母親とは、ずっと離れて暮らしていた為、会話も少なかったのですが、今回の件で母子の距離がグッと縮まったような気がします。ですので色々大変な事もありましたが、この経験を前向きに捕え、良い方向へ転換させて行きたいと思います。

何はともあれ(ちょっと早いかもしれませんが)、今年は大変お世話になりました。本村さんのお蔭で挫ける事なく、母と一緒に頑張って行こうと言う気持ちになれました。

来年も何卒宜しくお願い致します。良い年をお迎え下さい。

松田

■続き
mail0120

TO:本村さん

明けましておめでとうございます。熊本の松田です。

新春3日目をいかがお過ごしでしょうか?

私はと言えば、年末より実家(北九州市)に帰省し母親と過ごしており、先程熊本に帰ってまいりました。さて新年にあたり一言御連絡しておかなくてはなりません。

私が本村さんに初めてメールサポートをお願いしたのが、昨年7月の事でした。よって間もなく「半年」が経過してしまいますが、是非「継続」させて頂きたいのです。母親も前向きに頑張っている途中でもありますので、「心の支え」を切らしたくないのです。

本村さんに御了承を頂いた後、改めて「今年も宜しくお願いします。」と言わせていただければと思っております。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.