いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

29.癌封じや病気平癒の神社、お寺

茨城県で癌封じのお守りが購入でき、祈祷やお参りもできる神社

更新日:

がん専門のアドバイザー、本村です。

当記事は癌(がん)封じのお守りを授与してもらえる神社、茨城県の笠間市にある常陸出雲大社(ひたちいずもおおやしろ)にお参りに行ってきたので、その紹介です。

茨城県 常陸国 出雲大社

こちらは島根県にある出雲大社のご祭神である大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)=いわゆる「だいこくさま」の分霊が祀られている神社です。

記録では「平成4年12月4日、ご本社出雲大社よりご分霊をご鎮座」とあります。この常陸出雲大社は造られて25年ほどになる比較的新しい神社になります。

丘陵地を開いて作られた神社でアップダウンがありますが、緑に囲まれた美しい神社です。

第一駐車場から歩くとすぐに坂道があり、その先に社が見えてきます。天気に恵まれ、桜も咲いていることでよい写真がとれました。

茨城県 常陸国 出雲大社上り坂

そしてなんといっても圧巻なのが荘厳な拝殿と大きなしめ縄です。

茨城県 常陸国 出雲大社本殿としめ縄

しめ縄は「人間の世界と神の領域の境目」とされており、しめ縄を置くことで、その先の領域に人間界の邪気が入り込まないようにしています。

ここから先は神の領域、とされるしめ縄の大きさが、神の大きさを示している、という考え方があり、出雲大社では巨大なしめ縄がかかっているということですね。

ちなみに常陸出雲大社のしめ縄の重さはおよそ6トンと記録されています。本家の出雲大社のものはおよそ5トンとされているので、これは日本でも最大級か、もっとも重量のあるしめ縄かもしれません。

多くの職人によって手作りされているというのは凄いことですね。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


癌が治るように願う・・・病気平癒の祈祷ができます

拝殿のほど近くに、「ご祈祷受付」と「ご朱印受付」の窓口があります。

茨城県 常陸国出雲大社ご祈祷受付

ご祈祷は一祈願5,000円より。時間は以下のとおり「9:00」「10:00」「11:00」「12:00」「13:30」「14:30」「15:30」「16:00」の計8回の締め切りがあり、締め切りのあとにその都度祈祷が執り行われます。

ご朱印受付の窓口と、反対側にある「神札所」に癌封じや病気平癒に関するお守りがあります。

癌封じのお守り、病気平癒のお守り

病気や健康に関するお守りは、心身健全、病気平癒、薬神、癌封じと4つあります。

茨城県出雲大社の癌封じのお守り、病気平癒のお守り

ともに初穂料は1,000円です。

この中で珍しいと感じたのは「薬神」のお守りです。祭神であるだいこくさまは、農業、漁業などの神でもあり、「医療の神」ともされています。

薬神のお守りの解説はとくにありませんでしたが、医療の神の力を薬に宿して病気を平癒しよう、という願いが込められているのだと思います。

どれも出雲大社らしい歴史を感じるお守りのデザインなので、お見舞いの品としてもよろこばれるのではないかと思います。

龍蛇神社

こちらは拝殿の手前にある龍蛇神社。「だいこくさまのお使い神、龍蛇神が祀られている。火難、水難、障り避けの神」とあります。

なぜ茨城県に出雲大社が?

由来としては、日本文徳天皇実録(871年)にあり、ここで「御祭神大国主大神は、神代の昔、常世之国(現在の茨城県)の小名彦命と共に国づくりに励まれた」と伝えられています。

小名彦命(すくなびこなのみこと)とは、日本書紀で「高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)の子」、古事記では神産巣日神(かみむすびのかみ)の子とされている神様です。

常世(とこよ)の国=茨城県からおとずれるちいさな神とされています。

小名彦命(すくなびこなのみこと)も医薬の神として信仰されたという記録があります。

アクセス

住所 茨城県笠間市福原2001
開門時間 8:00~17:00
駐車場 無料 約300台、大型バス可

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-29.癌封じや病気平癒の神社、お寺
-,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.