01.サポート会員の声(個別)

乳がん(ステージ1 温存手術・全摘出手術どちらがよいか?)患者さんの声|大久保さん

更新日:

本村ユウジ 様

先日は早速サポートメールを頂きありがとうございました。

その後、本村さんのメールと「がんを治す生き方」を読んだ事で、何となく気持ちが落ち着いて再度検査を受ける勇気が持てました。

検査が正直身体に負担だと思っていたので、過去のデータが揃っている大学病院で再検査を依頼しました。余り快く思っていなかった女医先生が担当ではありますが、再会すると、そんなに悪い人でもない様に見受けました。

結局合計3回通院し、身体の基礎的な検査、CT、MRI検査、マンモグラフィを受けました。7/30に結果を聞かされました。

画像上では転移は認められないとの事でした。取りあえず良かったと安心しました。

しこりの大きさは13.0×10.07×6.8mm、ステージⅠ。早いもので、8/8手術予定となりました。手術は温存術(円状部分切除・センチネルリンパ節生検)を行うとの事です。その手術内容によって切除部分も変化する可能性もあり、今後の治療方針などもそれから決まるとのお話です。

私は素人なので、意見も感想も何も浮かばず、そういうものなんだろうな~としか思えません。以前お話した様に、どことなく体調が悪いので治療は必要だろうと思えるのです。
本村さんからご覧になって、私が知るべき点や確認すべき点、または気を付けるべき事などございますか。ありましたら、是非ともお教え頂きたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

大久保

【続き】

本村ユウジ様

いつもお世話になっております。

ご報告遅くなりましたが、私は予定通り8/8に無事に手術が終わりました。

リンパ節を検査のために一部切除されましたが結果的に右胸の温存手術で済みました。

心配していた乳房の形状はそんなに変わりませんでしたので乳房再建手術はこのまま見送るつもりです。先日はご丁寧に教えて頂いてありがとうございました。

術後は、右腕、右肩にこりや ダルさを感じていましたがようやく最近違和感が安らいできました。今のところむくみもあまりありません。仕事にもフルタイムで9/1より復帰しています。身体もようやく慣れてきました。

・・・

個別の治療相談は会員制です。

 

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-01.サポート会員の声(個別)
-, , ,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.