「 抗がん剤 」 一覧

増加する子宮体がんの標準的な治療法と、使える新薬への期待

2016/08/01   -09.子宮体がん
 

近年、子宮体がんの罹患は増加を続けています。 子宮体がんは、子宮内膜がんとも呼ばれ、胎児が育つ子宮体部の内腔を覆う子宮内膜から発生するがんです。 子宮頸部で発生 ...

再発した子宮頸がん・ステージ4の子宮頸がんに対する化学療法(抗がん剤治療)の進め方は?

2016/07/29   -08.子宮頸がん
 

ステージ4、あるいは再発子宮頸がんの治療方針 ステージ4、あるいは再発となると局所的な治療法である手術や放射線治療は適応する治療法とはいえません。 いわゆる「が ...

ユーゼル(ロイコボリン)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:ホリナートカルシウム ・商品名:ユーゼル、ロイコボリン ・投与経路:点滴静注、筋注、経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低 ・催吐リスク:低 & ...

インターフェロン(イムノマックス-γ)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:インターフェロン ガンマ-1a(遺伝子組換え) ・商品名:イムノマックス-γ ・投与経路:点滴静注 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低 ・催吐リス ...

ゾラデックスの主な副作用と特徴、効果について

・一般名:ゴセレリン酢酸塩 ・商品名:ゾラデックス ・投与経路:皮下注 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低 ・催吐リスク:低 <特徴> 作用機序 ...

リュープロレリン(リュープリン)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:リュープロレリン酢酸塩 ・商品名:リュープリン、リュープロレリン ・投与経路:皮下注 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低 ・催吐リスク:低 &lt ...

エストラサイトの主な副作用と特徴、効果について

・一般名:エストラムスチンリン酸エステルナトリウム水和物 ・商品名:エストラサイト、ビアセチル、プロエスタ ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク ...

タモキシフェン(ノルバデックス)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:タモキシフェンクエン酸塩 ・商品名:ノルバデックス、タスオミン、タモキシフェン ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リス ...

肺がんでオプジーボが保険適応に。気になる費用や効果、副作用について

免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」が、「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」において標準治療で使えるようになりました。健康保険も適用されます。 一部では ...

ビカルタミド(カソデックス)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:ビカルタミド ・商品名:カソデックス、ビカルタミド ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:最小 <特徴&gt ...

エキセメスタン(アロマシン)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:エキセメスタン ・商品名:アロマシン、エキセメスタン ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:なし <特徴&g ...

レトロゾール(フェマーラ)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:レトロゾール ・商品名:フェマーラ ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:なし <特徴> 作用機序:乳 ...

アナストロゾール(アリミデックス)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:アナストロゾール ・商品名:アリミデックス、アナストロゾール ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:なし < ...

テムシロリムス(トーリセル)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:テムシロリムス ・商品名:トーリセル ・投与経路:点滴静注 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低 ・催吐リスク:最小 <特徴> 作用機序 ...

レゴラフェニブ(スチバーガ)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:レゴラフェニブ水和物 ・商品名:スチバーガ ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:軽~最小 <特徴> ...

ヴォトリエントの主な副作用と特徴、効果について

・一般名:パゾパニブ塩酸塩 ・商品名:ヴォトリエント ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:軽~最小 <特徴> ...

アキシチニブ(インライタ)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:アキシチニブ ・商品名:インライタ ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:最小~軽 <特徴> 作用機序 ...

ソラフェニブ(ネクサバール)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:ソラフェニブトシル酸塩 ・商品名:ネクサバール ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:最小 <特徴> ...

スニチニブ(スーテント)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:スニチニブリンゴ酸塩 ・商品名:スーテント ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:最小 <特徴> 作用 ...

ラパチニブ(タイケルブ)の主な副作用と特徴、効果について

・一般名:ラパチニブトシル酸塩水和物 ・商品名:タイケルブ ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:軽 <特徴> ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.