「 前立腺がん 」 一覧

前立腺がんで放射線源を埋め込む放射線治療法とは

前立腺がんで手術を行う場合は前立腺全摘出術がおこなわれます。この治療法では勃起不全、再発率が高いなどのリスクがあります。しかし、放射線治療ではこのような合併症は ...

前立腺がんの治療と男性機能(勃起機能)障害、尿もれ(失禁)

■男性機能を損なわずに前立腺がんの治療を受けられるか? いまのところ男性機能(勃起機能)を100%残せると断言できる治療法はありません。手術、外照射治療、ホルモ ...

前立腺がんで使われるホルモン治療薬の種類と特徴

■前立腺がんは抗がん薬が効きにくい 多くのがんでは、化学療法の中心として抗がん薬が使われますが、前立腺がんは他のがんよりも抗がん薬が効きにくいがんです。そのかわ ...

前立腺がん 体の中から放射線を照射する密封小線源療法(ブラキセラピー)とは

■密封小線源療法(ブラキセラピー)とは 前立腺がんで行われる放射線療法には2つあり、1つは外部からの放射線照射、もう1つが組織内照射療法=内部からの照射です。こ ...

前立腺がん手術後の再発の目安と治療法について

■手術後の再発については、PSA0.2が一つの目安 前立腺がんの手術を受けた場合、がんが完全に取り除かれていて根治的な手術ができたといえる状況であれば、手術後数 ...

前立腺がん治療法の選択のポイント(限局がん)

がんが前立腺にとどまっている場合は、手術、放射線治療、ホルモン療法の3つのうちから治療法を選択することになります。これらのうち、手術と放射線治療は根治的(目に見 ...

早期の前立腺がん(前立腺部にとどまっている場合)の治療の流れ

がんが前立腺にとどまっている場合は、手術、放射線治療、内分泌療法(ホルモン療法)の3つのうちから治療法を選択することになります。これらのうち、手術と放射線治療は ...

前立腺がんと確定診断するための針生検とは

がんが疑われる部分に針を刺して組織を採取し、がんの有無を調べるのが針生検といわれる検査です。 血液検査によるPSA値の測定や、直腸診でいくら異常が疑われても、そ ...

前立腺がんのホルモン療法とは

前立腺がんのホルモン療法は再発・転移といった進行がんに対して行われていましたが、現在では早期のがんに放射線療法と併用することも行われ、手術や放射線療法が何らかの ...

前立腺がんの治療法「HIFU(高密度焦点式超音波療法)」とは

HIFU(ハイフ―。高密度焦点式超音波療法)は強力な超音波を使って、65度以上の高熱をピンポイントで発生させ、前立腺がんを凝固壊死させる治療です。 具体的には治 ...

前立腺がんの治療は手術か放射線治療か

前立腺がんでは「手術」と「放射線」の治療成績に大きな差かないため治療法の選択には悩むことが多いはずです。 選択のキーになるのは「再発の有無」ですがどちらも再発す ...

前立腺がんの密封小線源療法(ブラキセラピー)の対象となるのは?

前立腺がんの治療3本柱は「手術」「放射線」「内分泌療法(ホルモン療法)」でこれらが単独、あるいは組み合わせて治療が行われます。その中で、がんの進行度が早期から進 ...

前立腺がんダヴィンチを使った「ロボット手術」

前立腺がんの手術「前立腺全摘除術」はダヴィンチという医療機器ロボットを使って行われることがあります。2012年4月から保険適用となっています。 先進医療で行われ ...

前立腺がんで手術を行う場合の具体的な方法とは

前立腺がんで転移のない場合、根治的な治療としては「手術」「放射線」「HIFU(高密度焦点式超音波療法)」(HIFUは臨床試験中の段階)が中心です。なお「内分泌( ...

前立腺がんの検査の種類と手順について

「前立腺がんかどうか」を診断するための検査の方法は、「PSA検査」「直腸診」「経直腸的超音波(エコー)検査」の3つが中心です。 ■PSA検査 通常の血液検査と同 ...

前立腺がんが増えた3つの理由

前立腺がんの死亡者数は右肩あがりに上昇しています。1990年が3460人、00年が7514人、10年が1万722人です。つまり、ここ20年で約3倍に増加しており ...

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.