17.膵臓がん

膵臓がんの放射線治療の進め方と放射線量

投稿日:

膵臓がんの放射線治療

膵臓がんの症状には、食欲不振、腹部不快感、体重減少、黄疸、背部痛などがあります。この症状が出てきた時にはすでに、膵臓以外の臓器にがんが進展していることが多いと考えられます。

膵臓がんは、手術が優先される疾患ですが、切除可能である可能性は多く見積もっても20パーセント程度です。膵臓がんの多くは、がん病巣を切除することができません。

そのため抗がん剤と放射線を併用する化学放射線治療が第1選択となるケースが多いです。

放射線治療の進め方

放射線治療としては10メガボルトのエックス線を用いて、多門照射法や4門照射法がおこなわれます。

膵臓がんは放射線感受性が悪く、耐容線量の低い肝臓、腎臓、脊髄で囲まれているため線量は制限されます。総線量は50グレイ、1回線量は1.8~2グレイで照射されます。

切除不能な局所進行がんは、開腹下で術中照射がおこなわれることがあります。術中照射単独での治療効果は少ないので、外部照射法と併用しておこなわれます。

術中照射法は10~20メガエレクトロンボルトの電子線が用いられ、膵臓が切除された場合には20~25グレイを1回で照射します。切除できない膵臓がんの場合には25~30グレイの1回照射がおこなわれます。

放射線治療による副作用、後遺障害は急性期に食欲低下、吐き気などがあります。晩期には胃や十二指腸の潰瘍、出血、穿孔、狭窄がみられることがあります。

膵臓がんの治療成績は非常に悪く、5年生存率は5パーセントにしかすぎません。切除不能局所進行例の5年生存率は1~2パーセントです。極めて予後が悪いのが膵臓がんの特徴です。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-17.膵臓がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.