04.大腸・直腸がん

大腸がんで使われる分子標的薬

2015/05/21

sutiba-ga

2014年版のガイドラインで示されている、大腸がん対応の分子標的薬の種類です。

■ベバシズマブ(商品名アバスチン)

・薬剤のタイプ
VEGF(血管内皮細胞成長因子)を標的とするモノクローナル抗体

・特徴
VEGFに結合し、その働きを阻害することにより血管新生(がん細胞が新たに血管を作り出して増殖すること)や腫瘍の増殖・転移を抑制する。

・主な副作用
出血、高血圧など

■セツキシマブ(商品名アービタックス)

・薬剤のタイプ
EGFR(上皮成長因子受容体)を標的とするモノクローナル抗体

・特徴
EGFRに結合し、EGFRからのシグナル伝達を遮断することにより、腫瘍の増殖・転移に関与する多くの細胞機能を抑制する

・主な副作用
皮膚毒性、低マグネシウム血症など

■パニツムマブ(商品名ベクティビックス)

・薬剤のタイプ
EGFR(上皮成長因子受容体)を標的とする完全ヒト型IgG2モノクローナル抗体

・特徴
EGFRに結合し、EGFRからのシグナル伝達を遮断することにより、腫瘍の増殖・転移に関与する多くの細胞機能を抑制する。抗体によるADCC(抗体依存性細胞障害)活性は期待できないとされている。

・主な副作用
皮膚毒性、低マグネシウム血症など

■レゴラフェニブ(商品名スチバーガ)

・薬剤のタイプ
経口マルチキナーゼ阻害薬

・特徴
腫瘍の血管新生に関わるVEGFR(血管内皮細胞成長因子受容体9、TIE-2、腫瘍の増殖にかかわるc-KIT、RET、B-RAF、間質組織性PDGFR-β、FGFRなど受容体チロシンキナーゼに対する阻害作用をもつ

・主な副作用
手足症候群、高血圧、下痢など

以上、大腸がんの化学療法についての解説でした。

ステージが進行してくると、病院でできる治療法の選択肢は少なくなります。しかし、病院で受ける治療法は、がんと闘うための手段の一部にすぎません。

大腸がんを克服するためには、病院での治療より重要なことがあります。詳しくはこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてください。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-04.大腸・直腸がん
-