11.腎臓がん

腎臓がんの化学療法(薬を使った治療)とは

更新日:

interfferon

腎臓がんの化学療法としてまず挙げられるのは、インターフェロンを使ったサイトカイン治療です。インターフェロンはB型、C型ウイルス肝炎の治療薬として知られていますが、ウイルスのみならず、がん細胞の増殖を抑える作用があります。

ただこれまで腎臓がんではインターフェロンは良く効く人が10%、多少効果のある人を含めても約20%が限界でした。現在インターフェロンと血管新生阻害作用のある分子標的薬との併用により効果が向上してます。

腎臓がんでは抗がん剤はほとんど効果のないことが分かっていため、その状況下で登場したのが「分子標的薬」です。これは体内の特定の分子に作用してがん細胞や栄養血管の増殖を止めようとするものです。

腎臓がんの分子標的薬は2008年に「スニチニブ」と「ソラフェニブ」が承認され、10年には「テムシロリムス」と「エベロリムス」が、そして、2011年は「アキシチニブ」が承認されました。

スニチニブとソラフェニブは、がんが新生血管を作るのを抑え、がんに栄養が届かなくする作用があります。テムシロリムスとエベロリムスは、mTORというタンパクを阻害してがんの増殖を止めようとするものです。

つまり腎臓がんの分子標的薬は、基本的にがんを直接叩くというよりも、栄養を断って兵糧攻めにするもので、進行を抑えるといった働きです。それでも副作用が少ないと良いのですが、骨髄抑制とか間質性肺炎など強い副作用が出ることもしばしばあり、充分な配慮が必要な治療薬というのが現状です。

以上、腎臓がんの化学療法についての解説でした。

ステージが進行してくると、病院でできる治療法の選択肢は少なくなります。しかし、病院で受ける治療法は、がんと闘うための手段の一部にすぎません。

腎臓がんを克服するためには、病院での治療より重要なことがあります。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-11.腎臓がん
-, , ,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.