25.抗がん剤・分子標的薬

ユーゼル(ロイコボリン)の主な副作用と特徴、効果について

投稿日:

ユーゼル(ロイコボリン)の主な副作用と特徴

・一般名:ホリナートカルシウム
・商品名:ユーゼル、ロイコボリン
・投与経路:点滴静注、筋注、経口
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低
・催吐リスク:低

<特徴>

作用機序:製品によって異なる。

1.ロイコボリン:細胞の葉酸プールに取り込まれて活性型葉酸となり、細胞の核酸合成を再開させ、葉酸代謝拮抗薬の毒性を軽減することで抗腫瘍効果を発揮する。

2.ユーゼル:テガフール・ウラシルとの併用により、フルオロウラシル(テガフールの分解産物)の抗腫瘍効果を増強する。

<主に使われるがんの種類>

急性白血病、悪性リンパ腫、成人白血病、肉腫など:メトトレキサー卜・ロイコボリン救援療法
結腸・直腸がん:UFT/ユーゼル療法

・使用時の注意点

投与方法:静注・筋注(注射剤)、経口(錠剤)
投与量:

<メトトレキサー卜・ロイコボリン救援療法>
メトトレキサー卜投与終了3時間目より、1回15mgを3時間間隔で9回静注。以後、6時間間隔で8回静注または筋注する
メトトレキサートによると思われる重篤な副作用が現れた場合には、用量を増加し、投与期間を延長する

<UFT/ユーゼル療法>
75mgを1日3回に分けて(約8時間ごとに)、テガフール・ウラシルと同時に経口投与
28日間連続で服用し、その後7日間休薬
投与中止または延期が必要になる場合:UFT/ユーゼル療法時の下痢
※継続投与により出血性腸炎、虚血性腸炎などが出現し、水様便・脱水症状が重篤化する可能性がある。
併用禁忌:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(ティーエスワン)
※テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム投与中~投与中止後少なくとも7日以内は投与しない。
併用注意:葉酸代謝拮抗薬(スルファメトキサゾール・トリメトプリムなど)
慎重投与:骨髄抑制、肝障害(既往を含む)、腎障害、感染症合併など

・重大な副作用

下痢
骨髄抑制
口腔粘膜障害

・その他注意が必要な副作用

肝機能障害
食欲不振

・投与に関するポイント

ホリナート・テガフール・ウラシル療法:食事の影響を受けるため、食事の前後1時間を避けて内服する。

葉酸を含むビタミン剤を服用している場合は、医師に伝える。病状や治療方法によって内服方法・内服量が異なるため、治療スケジュールを確認する。

内服を忘れた場合、2回分を一度に内服しないこと。

・・・

以上、ユーゼル(ロイコボリン)の情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.