25.抗がん剤・分子標的薬

アナストロゾール(アリミデックス)の主な副作用と特徴、効果について

アナストロゾール(アリミデックス)の主な副作用と特徴

・一般名:アナストロゾール
・商品名:アリミデックス、アナストロゾール
・投与経路:経口
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし
・催吐リスク:なし

<特徴>

作用機序:乳がん組織や脂肪組織で、アロマターゼ(アンドロゲンからエストロゲンヘの変換に関与)の活性を阻害することでエストロケン生成を阻害し、乳がんの増殖を抑制する。
※非ステロイド性の選択的アロマターゼ阻害薬(AI)。
代謝経路:肝代謝、腎排泄

<主に使われるがんの種類>

閉経後乳がん:単剤投与

・使用時の注意点

投与方法:経口投与
投与量:1mgを1日1回
投与期間:以下を参照(効果が実証されている投与法を示す)

術後補助療法の場合

①アロマターゼ阻害薬5年間の内服
②抗エストロゲン薬(タモキシフェン)2~3年内服後、アロマターゼ阻害薬2~3年内服(計5年間)
③抗エストロゲン薬(タモキシフェン)5年内服後、アロマターゼ阻害薬3~5年内服
慎重投与:重度の肝機能、腎機能障害

・重大な副作用

アナフィラキシー、蕁麻疹、皮膚粘膜眼症候群(投与開始~1週目ごろに発現)、肝機能障害、黄疸(投与開始~1か月ごろに発現するが、その後もリスクあり)、間質性肺炎(投与開始から発現。その後もリスクあり)、血栓塞栓症(投与開始から発現、その後もリスクあり)

・その他注意が必要な副作用

ほてり、倦怠感(投与後1か月ごろ~1年ごろ)
食欲不振(投与後~数か月ごろ)
関節痛(投与後数か月以降はリスクあり)
骨粗霧しょう症(投与後数か月以降はリスクあり)
高コレステロール血症(投与後以降はリスクあり)

・投与に関するポイント

骨粗しょう症予防のための食事・生活に留意する。ポイントは、以下の4点。

①定期的な運動(ウォーキングなど)を行う。
②日光浴・カルシウムやビタミンDを多く含む食事を意識する。
③骨密度低下時のカルシウム製剤やビタミンD製剤の服薬、骨粗しょう症時のビスホスホネートの服薬について医師から説明を受ける。
④日常的な転倒予防を意識する(杖を使用する、踵の低い靴を選択する、など)。
この薬を含むアロマターゼ阻害薬は、閉経後ホルモン受容体陽性乳がん患者に投与される薬である。術後補助療法における再発抑制効果は、タモキシフェンを上回る。

非ステロイド性アロマターゼ阻害薬(アナストロゾール、レトロゾール)を投与し、進行・再発となった場合は、ステロイド性アロマターゼ阻害薬(エキセメスタン)に変更することもある。

・・・

以上、アナストロゾール(アリミデックス)の情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-25.抗がん剤・分子標的薬
-