10.肝臓がん

肝臓がんの化学療法とネクサバール(ソラフェニブ)

更新日:

nexa

肝臓がんでは日本で開発された肝動脈塞栓法なども含め、さまざまな治療が行われてきましたが、他のがんでは広く行われている「化学療法(抗がん剤などの薬物による治療)」はほとんど行われてきませんでした。

それは、肝臓がんの抗がん剤治療は毒性だけがでて有効なものがなかったことが原因です。

ところが、2009年5月、分子標的治療薬「ネクサバール(一般名:ソラフェニブ)」が肝臓がんでも承認され、手術で切除できない進行肝臓がんに対する治療法のオプションのひとつとなっています。

分子標的治療薬は「毒をもって毒を制す抗がん剤」とは違い、がん細胞を選択的に、そして効率よく攻撃するので正常細胞を傷つけることが少ない、とされているタイプの薬です。ネクサバールの場合は、①がん細胞が栄養を摂るための新生血管のできるのを阻害する、②がん細胞の増殖を抑える、という2つの働きがあります。

この薬が承認される後押しをしたのが欧米で行われた臨床試験のデータです。進行肝臓がん患者を対象にして、299人にネクサバールを投与、一方、プラセボ(偽の薬)投与群は303人。ネクサバールを投与した299人中がんが消失した人はゼロ。がんが半分以下と小さくなった人は2.4%。そして、肝臓がんが増大も縮小もしないで経過した人が約70%存在しました。

ネクサバール投与群の生存期間中央値は10.7か月、一方、プラセボ投与群は7.9か月でした。7.9か月が10.7か月に延びたということがこのデータではいえます。

つまり、がんを攻撃して減少させるのではなく、肝臓がんを進行させずに現状維持できることができる薬だといえます。この結果が評価され、日本での肝臓がん治療では"手術ができない、ラジオ波焼灼療法もできないが、まだ肝機能が良い肝臓がん患者"を対象として使われるようになりました。

ただ、薬の使い方としては副作用も強いので使い方が難しいという問題点はあります。

■ネクサバールの副作用と発生確率

・皮膚症状
手足症候群(55.2%)
発疹(40.7%)
脱毛(36.6%)

・消化器症状
下痢(35.2%)
食欲不振(14.5%)

・呼吸器症状
嗄声(11.0%)
疲労感(15.9%)

以上、肝臓がんの化学療法についての解説でした。

ステージが進行してくると、病院でできる治療法の選択肢は少なくなります。しかし、病院で受ける治療法は、がんと闘うための手段の一部にすぎません。

肝臓がんを克服するためには、病院での治療より重要なことがあります。詳しくはこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-10.肝臓がん
-, ,

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.