25.抗がん剤・分子標的薬

エルロチニブ(タルセバ)の主な副作用と特徴、効果について

エルロチニブ(タルセバ)の主な副作用と特徴

・一般名:エルロチニブ塩酸塩
・商品名:タルセバ
・投与経路:経口
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし
・催吐リスク:最小

<特徴>

作用機序:EGFRチロシンキナーゼを選択的に阻害して、がん細胞の増殖能を低下させる。細胞周期のG1期停止およびアポトーシス誘導作用も確認されている。
代謝経路:肝代謝、糞中に排泄(代謝物の大部分)

<主に使われるがんの種類>

非小細胞肺がん:単剤投与
治癒切除不能な膵がん:GEM+エルロチニブ併用療法

・使用時の注意点

投与方法:経口投与(食事の1時間以上前または食後2時間以降に投与)
投与量:非小細胞肺がん→150mgを1日1回経口投与、治癒切除不能な膵がん→100mgを1日1回経口投与
慎重投与:間質性肺疾患、肺感染症、肝機能障害、消化管潰瘍、腸管憩室など(既往を含む)
併用注意:CYP3A4とCYP1A2の活性に影響を及ぼす薬剤や食物

・重大な副作用

間質性肺疾患
急性腎不全
消化管穿孔、消化管潰瘍
角膜穿孔、角膜潰瘍
肝炎、肝不全、肝機能障害(ALT、AST、ビリルビンの上昇など)
皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、多形紅斑

・その他注意が必要な副作用

皮膚障害(ざ瘡様皮疹、爪囲炎、皮膚乾燥、掻痒症、皮膚亀裂等)
下痢

・投与に関するポイント

高脂肪・高カロリー食(一般に、1食あたり900~1,000kcal)を食べた後にエルロチニブ(タルセバ)を服用すると、AUC(体内の薬物量)が増加するとの報告がある。食事の影響を避けるため、食前1時間~食後2時間の服用は避ける。

飲み忘れたときの対応についても注意する。飲み忘れた当日に気づいた場合は空腹時にすみやかに服用し、翌日に気づいた場合は「前日分」を内服せず、そのまま通常通り服用すること。包装から出さず、PTPシートのままで保管する。

他の薬剤や食物による相互作用を受けやすい。現在内服中の薬剤・健康食品・食事内容の情報を医師に報告すること。

・・・

以上、エルロチニブ(タルセバ)の情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-25.抗がん剤・分子標的薬
-