25.抗がん剤・分子標的薬

エトポシド(ラステット)の主な副作用と特徴、効果について

更新日:

エトポシド(ラステット)の主な副作用と特徴

・一般名:エトポシド
・商品名:ラステット、ベプシド、エトポシド
・投与経路:点滴静注、経口
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:中
・催吐リスク:軽(点滴静注)/中(経口)

<特徴>

作用機序:卜ポイソメラーゼⅡと結合し、切断されたDNAの再結合を阻害して細胞死を招くことで抗腫瘍効果を発揮する。エトポシドは、細胞周期のS期後半からG2/M期に作用する。
※卜ポイソメラーゼⅡは2重らせんの両方を切断し、DNA合成で生じる構造異常(ねじれ)解消後の再結合に関与する。
代謝経路:尿排泄(尿中未変化体排泄率は平均50%)、胆汁にも排泄

<代表的なレジメン>

小細胞肺がん:PE(CDDP+ETP)療法、CBDCA+ETP療法
胚細胞腫:BEP療法、EP療法(ETP+CDDP)

・使用時の注意点

投与方法:点滴静注か経口投与(皮下注・筋注は不可)。他剤との混注は避ける。
用量制限毒性:骨髄抑制
禁忌:重篤な骨髄抑制、妊婦または妊娠の可能性、本剤に対する過敏症の既往
投与量の調整が必要になる場合:肝機能異常、腎機能障害

・重大な副作用

肝機能障害
腎機能障害

・その他注意が必要な副作用

骨髄抑制(汎血球減少など)
ショック、アナフィラキシ一様症状
間質性肺炎 など

・投与に関するポイント

感染予防に留意する。症状出現時は速やかに医師に報告する。発現率は低いが、間質性肺炎のリスクがあり、症状(咳、息切れ、PaO2低下、喘鳴、発熱など)が出現した場合は医師に報告する。

脱毛の発現率は50%以上。治療開始前に説明し、ウイッグなど事前準備を行うほうがよい。

・・・

以上、エトポシド(ラステット)の情報でした。

 

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.