25.抗がん剤・分子標的薬

カバジタキセル(ジェブタナ)の主な副作用と特徴、効果について

カバジタキセル(ジェブタナ)の主な副作用と特徴

・一般名:カバジタキセル アセトン付加物
・商品名:ジェブタナ
・投与経路:点滴静注
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:高
・催吐リスク:低

<特徴>

作用機序:チュープリンの重合を促進し、微小管を安定化することによって細胞分裂を阻害する。
代謝経路:肝代謝、主に糞中に排泄

<代表的なレジメン>

去勢抵抗性前立腺がん:プレドニゾロンとの併用

・使用時の注意点

投与方法:点滴静注のみ
投与量:1日1回25mg/m2(体表面積)を1時間かけて3週間間隔で点滴静注
投与速度:1回1時間かけて投与
投与禁忌:重篤な骨髄抑制、感染症合併、発熱のある感染症疑い、肝機能障害、本剤またはポリソルベート30含有製剤に対する重篤な過敏症の既往
慎重投与:骨髄抑制、間質性肺炎、浮腫、腎機能障害、アルコール過敏、高齢者
併用注意:CYP3A4を阻害する薬剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、インジナビル、ネルフィナビル、リトナビル、サキナビル、ボリコナゾール)、CYP3A4を強く誘導する薬剤(リファンピシン、カルバマゼピン、フェニトインなど)
前投薬:過敏反応を軽減するため、抗ヒスタミン薬や副腎皮質ホルモン、H2受容体拮抗薬などの前投与を行う。

・重大な副作用

骨髄抑制(特に好中球減少は高頻度)
消化管出血、消化管穿孔、イレウス、重篤な腸炎
重篤な下痢、腎不全
感染症・不整脈
DIC
急性膵炎
心不全
アナフィラキシーショック
末梢神経障害
肝機能障害、肝不全
皮膚粘膜眼症候群
間質性肺炎、肺疾患
心タンポナーデ、浮腫、体液貯留など

・その他注意が必要な副作用

脱毛
感染
神経障害
爪障害

・投与に関するポイント

手指衛生(手洗いまたはアルコールによる手指消毒)、シャワー浴による皮膚の清潔保持、含嗽・歯磨きによる口腔内の清潔保持に努める。

発熱性好中球減少症の頻度は、国内の臨床試験では、54.5%と高かった。日本では、ドセタキセルを低容量で長期間使用するため、骨髄が疲弊しているところに投与したため、高率に発生したと考えられている。使用の際には、適応を慎重に検討し、感染症のリスクが高いと判断された場合には、ジーラスタ(G-CSFの長期間作用薬)を投与することや、減量して投与することも考慮する必要がある。

・・・

以上、カバジタキセル(ジェブタナ)の情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-25.抗がん剤・分子標的薬
-